オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『灰と幻想のグリムガル』08.「君との思い出に」

 マナトの仇となる強敵ゴブリン集団との決戦。
 もうちょっと作戦を練って、全員の装備を揃えレベルアップしてから臨めば……と思うけど、怒りがあり、ここを越えないと先に進めないような思いがあり、また待ちすぎて他のパーティーに狩られてしまってはという焦りもあるのかな。
 戦いは、非常に危ない内容。
誰か更なる犠牲者になってもおかしくなかった。
 助っ人を入れる訳にはいかなかったのかなあ、今回の主目的は金じゃないのだから、得られた利益は全部渡して構わないはず(自分達だけで成し遂げたいのは分かるけど死者を出すよりは)。
 前日にでも、数匹程度ゴブリンを減らしておくとか。
 ゴブリンアジトに忍び込んで可燃性の液体を容器ごと仕掛けておき火矢で射貫いて着火・動転させる、商隊に偽装し毒入りの酒をわざと盗ませ飲ませるなど。
出来るだけ汚い手を使った方が生存確率は上がりそう。

 危地に追い込まれる仲間をただ見ている、ような演出があり、ハラハラしつつ、おいおい。
練習始めてから日が浅く監督すら居ないサッカーチーム、みたいなものだから、見事なフォーメーションが取れたら逆に不思議だろうけれど。
 以前から知性を持っているように描かれていたゴブリン、今回はチェス?で遊んでおり、下手な人間より賢いのかと思わせる。
二足歩行・人間に似た体つきをしていることもあり、こうなるとゴブリンらは「退治・駆除」より「殺害」している印象が残ってしまう。
まるでバケモノならこうはならないのに……しかし、この「重さ」も作品意図か。
主人公ら、PTSDとかに陥らないのか心配。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『この素晴らしい世界に祝福を!』08.「この冬を越せない俺達に愛の手を!」 | HOME | 『魔法つかいプリキュア!』04.「魔法の授業スタート!ふしぎなちょうちょを探せ!」>>

この記事のコメント

>>前日にでも、数匹程度ゴブリンを減らしておくとか。

これは不可能でしょうね。
単にゴブリン側が警戒を強めるだけでしょう。
その理由は
>>以前から知性を持っているように描かれていたゴブリン、今回はチェス?で遊んでおり、下手な人間より賢いのかと思わせる。

からも見て取れますし、手負いのゴブリンが椅子で瀕死のふりをして注意を集めてる内に、仲間が弓で射るなど完璧に戦法に長けてます。

人間側に“スキル”と言うチートな能力が無かったら完璧にゴブリンサイドの勝ちでしょう。

まぁ、それは兎も角、
>>二足歩行・人間に似た体つきをしていることもあり、こうなるとゴブリンらは「退治・駆除」より「殺害」している印象が残ってしまう。
まるでバケモノならこうはならないのに……しかし、この「重さ」も作品意図か。

これはワザとなんでしょうけども、自分的にはどうも鼻に付くんだよなぁ。

2016-03-05 Sat 22:15 | URL | u12 #-[ 編集]
> 単にゴブリン側が警戒を強めるだけでしょう。

 あのゴブリン一家は人数に限りがある訳で(すぐ補充できる世界なら別ですが)、何匹か先行して始末、警戒したゴブリンらを数日放置し、緊張の疲労が溜まって緩んだ頃に襲う手もあったかと。

> 手負いのゴブリンが椅子で瀕死のふりをして注意を集めてる内に、仲間が弓で射るなど完璧に戦法に長けてます。

 あれは賢い策略でしたね。
あんなに知恵があるなら、もっと大規模な村や町を構成して不思議ないぐらいです(実はある?)。
2016-03-12 Sat 00:20 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |