オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『この素晴らしい世界に祝福を!』08.「この冬を越せない俺達に愛の手を!」

 あれ、どこかで一話見逃してるのかな?と思わせる、ウィズエピソードの省略っぷり。
シリーズ構成的に時間が割けなかったのか、アニメにするほどの面白味や独自性が薄い内容なのか……お約束を逆手に取るのが巧みな作品だから、この大胆な省略をギャグに昇華できれば、ここでも一笑い取れたかも。
 アクアとの能力相性が最悪なため、イジメられるウィズが可笑しい。
魔王軍って「邪悪」とするには余りにもお人好しというか、主人公パーティーに比べマトモな幹部ばかりのような。
でもまあ、騎士道精神さえ感じさせたベルディアが、実は自分の頭をウィズのスカート下に投げ込んで覗こうというサイテー(笑)のエロ野郎だったり、見えない所で何してるか分かったもんじゃないのか。

 6話、そのベルディアの城にまだ爆裂魔法を撃ち込んでいた異常者・めぐみんに、ポカーン。
 剣技を始めとする物理攻撃相手なら恐るべき実力を発揮するベルディアだが、相手が悪すぎて余り良い所なく退場。
頭を奪われてサッカーボール代わりに使われてしまう所、漫画『マジンガーZ』で同様に哀れな姿をさらしたブロッケン伯爵の「君は見上げた紳士だ、きっと貴族の生まれだ」「キサマは見下げ果てた野蛮人だーっ」というセリフを思い出してしまう。
 ベルディア、実は兜の下は美少女……だったら主人公パーティーに入れられるぐらい面白いキャラだったんだけど、残念。

 7話、アッサリ死んでしまう和真に驚く。
それも、ラスボスどころか中ボスでさえない敵(強いのは間違いないようだが)相手に。
 死後は再び、女神の前へ。
「またか!」が可笑しい。
 現実界への転生が可能……面白い。
現実で死亡した時点へと戻され、元通りの平穏で、しかし何ら満たされることのない生活をしばらく送った後、やはり異世界への転移を望む(ギャグとしては、 もう異世界なんかこりごりだったのに無理矢理呼び戻される)……といった展開にするとクライマックスへのエピソードにもなりそうなのに、ここで使っちゃう のか。
贅沢というか出し惜しみしないというか、まあ「またまた死んじゃいました」で何度使っても一向に構わないが。
 信仰の対象にもなっているエリスは、それだけの理由を感じさせる穏やかな女神。
アクアの例から、エリスにも隠された異常性がありそうでコワイけれど、胸パッドなんていう小さな秘密だけ?
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』21.「デッドライン」 | HOME | 『灰と幻想のグリムガル』08.「君との思い出に」>>

この記事のコメント

同じくブロッケン伯爵を思い浮かべました
今頃になって「ブロッケン伯爵ってデュラハンが元だったのか!」
と気がつきました(汗)
ウィズの話は今回の館に移る話以外にも後で少し絡みが出てくるので
10話/1クールの構成が理由じゃないかと思います
ちょっともったいなかったですね
2016-03-05 Sat 18:56 | URL | nas #-[ 編集]
> 同じくブロッケン伯爵を思い浮かべました

 おおう同士(笑)!
 桜多吾作による漫画版のブロッケンは、頭を元に戻すと常人には視認できないほどの超高速行動が可能になるという設定で、誇り高い騎士っぽくて、こちらも好きでした。

> ちょっともったいなかったですね

 ホントに。
2016-03-12 Sat 00:08 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |