オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』21.「デッドライン」

 シェリーの必死の呼びかけに応える菅原。
国際的な関係が絡んでくる訳で、外交役に個人の感情で動かれちゃたまったもんじゃない、例えば中東で何かしら似た事態が起こり役人個人の判断で動いてし まったが故に相手国から日本が憎まれるような結果になった場合、それは容認できるかどうか分からないけれど……そういった現実に引きつけた色々を置いてお けば、カタルシスのある格好良いシーンだった。
 両親を失い日本を頼ってきた異世界の幼い少女と、男気から婚姻の約束をして保護するまだ若い外務省官僚、という図式が公表されれば、日本人としてはムゲにも出来ず、ロマンすら感じて支持するかも。

 今回は、どうにかして自衛隊を貶めようと画策するマスコミ関係者が登場。
うーん……居るのかなあ、こういう人。
しかも、待機状態(なのだろう)でジッとしている自衛官を「だらしない」として悪く見せようというのは、策としても余りに拙劣。
SNSなどが発達している世界であれば、すぐ真実が拡散して恥をかくばかり。
 やる気に欠ける、税金ドロボーなんて自衛隊の有り様なら、平和だということで結構なような。
 問題にしたければ、張り切って武力を行使しての大量殺戮だとか、原住民女性との乱れた関係(伊丹)、相手国王族への暴行など、日本人が眉を顰めそうな暴力的イメージのネタだっていくらもありそうなのに(伏せられているのか)。
 確かに、マスコミには権力を懐疑的に見る役割があると思う。
それを「こちらも商売なんでね」なんてイヤな言い方するゲスな悪役が如く表現しなくても良いように思うけど……作り手の思考というか嗜好?が表れたものか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<『無彩限のファントム・ワールド』10.「小さいルルの大きな夢」 | HOME | 『この素晴らしい世界に祝福を!』08.「この冬を越せない俺達に愛の手を!」>>

この記事のコメント

シェリーがまだ12歳なので外交官との婚約(?)話を報道するだけで
日本を叩くネタになりそうだなと思ってしまいました。
特にアグネスが出張ってきそう
(先生が以前ときどき日記に書いたおむつ交換ネタ思い出して笑ってしまいました)
2016-03-07 Mon 12:36 | URL | nas #-[ 編集]
>>うーん……居るのかなあ、こういう人。

いますよ、普通にw
って言うか、私を含め日本国民全員経験したのを忘れましたか?
この作品は当時の世相を反映して作られてますからね。
丁度、小泉が辞任してからの福田までの間でマスコミの偏向報道がドンドン酷くなって行ったのを忘れません。
そして国民の大半は騙されて、自民にお灸をすえるとか訳の解らない理由で、民主党を選んだ訳ですw

一応、一例として
【そうだったのか】池上彰とフジTVの捏造をわかり易く解説【Mrニュース】
ttps://www.youtube.com/watch?v=SQtl3Nt2BDU

当時の報道バラエティはこんな低俗な物ばっかりでした(あ、今も大して変わらないかw)。
2016-03-08 Tue 22:19 | URL | u12 #-[ 編集]
>うーん……居るのかなあ、こういう人。
昔は居ましたね
けれどもそういう人たちは全共闘時代のおじいさんばかりで偉くなるか子会社に天下りしてるので現場には居ないですねぇ。
それにFacebookやTwitterのある時代にこんなこと言えませんよ。
むかしは記者が乗り込んできて「徹底的に追求してやる」なんて脅してくる記者もいたそうですけど、いまは写メされたら最後ですからね。
いませんよw
2016-03-10 Thu 15:19 | URL | #-[ 編集]
> シェリーがまだ12歳なので外交官との婚約(?)話を報道するだけで

 そういえば国連も何だかムツカシイことを言ってきてましたね……性的な関係を強要しようというのでさえなければ、ロマンだと思うんですけどダメでしょうか(^_^;)
 アラブ圏で、貧しい国の少女を人身売買同様に取引しているのだって、「結婚している」形式を取っているため外側からは問題に出来ない、という話があります。
それがオッケーなら(オッケーな訳ないと思うんですが)、このアニメのケースも大丈夫でしょう、大丈夫なはずです、大丈夫でなきゃおかしい!

> (先生が以前ときどき日記に書いたおむつ交換ネタ思い出して笑ってしまいました)

 ああ、懐かしい(笑)
 今では六歳になったセクシーガールと(向こうからのご指名により)お風呂に入っているため、アグネチュの怒りは更に凄まじくなることでしょう。
2016-03-12 Sat 11:54 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> 【そうだったのか】池上彰とフジTVの捏造をわかり易く解説【Mrニュース】

 菅直人に対するこの批判は、朝日新聞でも(でさえ?)扱ってますね
ttp://www.asahi.com/special/minshu/TKY201103030517.html
 ですから、マスコミこぞって印象操作しようとした、って話でもないと思います。
 池上彰がどういう意図でこんな取り上げ方をしたのか分かりませんが、たまに池上解説番組を見る限り「自民党を貶めたくて仕方ない」人間ではないような。
ちょっと検索すると、こういう話も
「つまり、菅直人(東工大出身)のような卒業生を二度と出さないようにする、ということでよろしいんですね?」ttp://blog.goo.ne.jp/willow1972/e/cd0f5bc16df5f0fa8c95c9d9a8bda612

 政党については、置きまして。
 現在、自衛隊に酷く悪い印象を持っている、捏造であろうとも自衛隊を貶める話を聞きたくてしょうがない、って日本人は、少ないと思うんですよ。
災害が起きた時の、自分達の命さえ省みない献身的な自衛隊の働きには、感動・感謝以外の気持ちが起きなくて当然でしょう。
 なのに、彼らを殊更に(見当外れに)悪く言う記事を「商売」として書こうとする記者は、それをドコに売ろうとしているのかなあ?と。
 作中で自衛隊は異世界まで遠征し、現地住民を大量「虐殺」していますから、やりすぎだとして日本国内で反戦の気運が高まり、自衛隊批判の記事が求められているというなら分かるんですけど。
その場合、喜ばれる記事は「殺戮された異世界住民の血で真っ赤に染まる大地」「異世界兵士の遺族から上がる悲しみの声」「もうこれは度を超した『侵略』行為だ」なんて物じゃないでしょうか。
2016-03-12 Sat 12:40 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
> それにFacebookやTwitterのある時代にこんなこと言えませんよ。

 ですよね。
弱い個人が、大マスコミを前にただ泣き寝入りするだけで終わらない「力」を手に入れられたのは、良いことでしょう……そのダークサイドもありますけど。

> いませんよw

 ドラゴンなんかはともかく、人間型の悪役が知恵薄く描かれ気味なのが、この作品の少々物足りない所でしょうか。
 「自衛隊を中心に据えたドラマ」だと思うから不満なので、「変形ワンパンマン」だと捉えれば良いのかも(^ ^)
2016-03-12 Sat 12:56 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]
なんか2期は随分、突っかかりますねw
2016-03-16 Wed 21:42 | URL | u12 #-[ 編集]
>ドラゴンなんかはともかく、人間型の悪役が知恵薄く描かれ気味なのが、この作品の少々物足りない所でしょうか。
人間関係(登場人物)や人物の背景をかなりはしょってるのでそう感じるのかもしれません。
特に他国の思惑や陰謀話が表に出てきてないんですよね
その割りにいやみなジャーナリストだけ出てくるのでバランスが取れてない気がします
先のオムツネタではないですが、自衛隊が一方的な自分の正義を押し付ける形(独裁政治は許さないとか)で物語の幕引きをしなければよいなと思っています、
(一応原作ではちゃんととした理由付けがあります)
2016-03-20 Sun 12:14 | URL | nas #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |