オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『この素晴らしい世界に祝福を!』最終10話.「この理不尽な要塞に終焔を!」

 えっ最終回?早いような……と思えば10話で終わりなのか!
あと2、3話やって欲しかったなあ。
 シリーズクライマックスは、機動要塞デストロイヤーを巡る攻防戦。
 アクアが珍しく格好の良い全力戦闘ぶりを見せてくれ、拳に力が入る。
パワーを実感させるのが難しい魔法系バトルシーンでこれだけの迫力を演出できるのは、凄い!
化け物カエルに何も出来ず喰われるばかりだったシリーズ最初の頃の姿が、ウソのようだ(能力の使い方と使う相手を間違えなければ確かに超越した力を持つ女神なのだろう)。
 都合二回も爆裂魔法を放ってみせる、めぐみんも頑張った。
「不足した魔力をアクアから補給する」やっぱりそういうやり方になるか。

 迫る巨大要塞を前に一歩も退かないダクネスも格好良く、「偽のターゲットを攻撃させることで外れた剣戟がたまたまデストロイヤーに命中する」戦いぶりでも見せてくれるかと思えば、彼女だけは特に役に立たず。
その勇ましさに、逃げ腰だった他の冒険者達が気力を取り戻したのだから、そういう役には立ったけど。
 ウィズの「吸わせてもらえませんか?」に、間髪入れず「喜んで」と応える和真がステキ。
ギャグアニメのおバカさん主人公でも、なかなかお目にかかれない決断力の早さ(後先考えなさ)。
 機動要塞製造者の意外なショボさが可笑しい……入れられるだけギャグを入れようとする制作姿勢。

 要塞の爆発で街が大きな被害を受け、その賠償金で和真パーティーはまた苦境に、という展開かと思えば、転移魔法が厄介を生み出していた。
 これから、王都に引っ立てられることになるのかな。
住み慣れた初心者向けの街も良かったけれど、王都では新たな舞台で新たなキャラクターをドッと出せるし、また目先の変わったことも出来るだろう。
テロリスト・悪の手先呼ばわりされるなら、いっそ魔王側に寝返ってしまう手もあるかなあ。
「魔王に近づき油断させて仕留めるため涙をのんで悪に手を貸す」とかなんとか理屈を付けて。
 第二期の決定が嬉しい。
放送開始を楽しみに待とう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『ルパン三世 PART.IV』最終24話.「世界解剖 後篇」 | HOME | 『この素晴らしい世界に祝福を!』09.「この素晴らしい店に祝福を!」>>

この記事のコメント

二期決定は嬉しいですね
新キャラのあの人(?)が出てきてまたまた楽しくなりそうです
一期ではずした話を入れてくれるとうれしいですが、さすがに無理でしょうね

>これから、王都に引っ立てられることになるのかな。
4月から逆転裁判が始まりますねぇ
2016-03-20 Sun 12:03 | URL | nas #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。