オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『無彩限のファントム・ワールド』最終13話.「永遠のファントム・ワールド」

 連続エピソードになっていた最終二話は、このアニメらしくなく盛り上がった内容。
 晴彦の家庭環境や、子供に戻ってしまうネタなど、ここに至る伏線がようやく活きた感じ(母親の背景がぼやけているのは残念、ワザと?)。
 幸せすぎる母親との暮らし、一転して絶望、その状況下で奪われる唇と能力……辺りは白眉。
母とのキス、何だか『銀河鉄道999』を思い出してしまう、「お母さんの体」だし。
 ただ、偽母の前でヒロインズが彼女候補の自覚を持つシーンは、これまでそんな様子が薄かったため(子供晴彦への態度なんかもっと違えなきゃ)唐突。
 主人公補正ありのパワーアップ、仲間と協力してようやく収める勝利、最後まで来てようやくバトル物として熱い出来に。
でもまあ、このアニメはバトルで引きつけようという気は、あんまり無かったのかな。

 作画は、京アニだけあって最後まで高品質。
ここの作品には珍しい「お色気サービス」も多く、画面的には満足。
 あとはストーリーが、もう一押し二押し面白ければ……というのは、最近の京アニ作品でよく感じること。
繰り返された「疑似家族」エピソードなど、嫌いじゃない、結構好きなんだけど。
 いやいや、個人的には、脳にズキンと来るママチューのシーンが見られただけで大収穫。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ULTRA SUPER ANIME TIME 4th SEASON』01. | HOME | 『おそ松さん』最終25話.「おそまつさんでした」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |