オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~』01.「はじめての逆転」

 原作ゲームは、三作目の途中まで遊んだ。
 食わず嫌いで発売後しばらく手に取らなかったが、中古が安くなっていたので遊んでみたところ、分かり易いシステムとゲーム性、頭を絞る裁判進行(選択肢に理不尽なの多いような)の面白さ、何より、強烈すぎるキャラクターが楽しく、一気にハマってしまった。
 三作目の途中までしかやってないのは、カセットを中古で買ったのが悪かったかDSとの接触不良?で起動しなくなってしまって……いや、そんな話はいいや。

 アニメ。
 ゲームでは無かった部分の描写もされ、より分かり易くなっている。
 裁判進行は、「プレイヤーに考えさせ、選択させる」ゲームの方法が使えないのでどうか、と思ったけど、間の取り方なんかで上手く推理物っぽく(クイズっぽいか)見せるのに成功していた。
 作画は安定していて、原作イメージを損なわない。
ただ、千尋さんはもうちょっと巨乳に描いて欲しかったな、一番好きなキャラなので。
 ネタとしては、『2』の第二話「再会、そして逆転」が、とてもよく考えられたストーリーで感心した覚え。
そこまではアニメになるのかな?
 ゲーム通りに進むなら、事件も真相も既に知っているため、気楽に見られる限り見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『エンドライド』01.「ライド」 | HOME | 『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』01.「ボーン・イン・レッド・ブラック」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |