オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『エンドライド』01.「ライド」

 アニメオリジナル企画。
 監督・後藤圭二、キャラクター原案・萩原一至・和月伸宏、音楽・田中公平と、自分などには「おー」と思える布陣。
 しかし、アバンで意味不明なシーンを見せられ、一気に期待がしぼむ。
全部見ることは不可能なほどの本数、アニメが放送されている現在、「最初に視聴者の心を掴む」のは何より大事なことだろうに、驚くべき慢心というか油断。

 本編、いきなり水晶(鉱石?)屋で水晶を眺めている主人公。
このキャラ一番の特性なんだろうけど、一般的じゃないなあ。
 夜、家に帰っても母親に熱く水晶の話をする主人公。
徹底した水晶バカ、というキャラで通すんだ、と思えば、急に「イースター島モアイの地下には体育座りの体が埋まっていた」とかいうブレた話題に移って、??
 そこから、イメージで見せる数日間の学園生活模様。
ダルい、何一つ興味をそそる事件も起こらないし、こんなに工夫無く見せるなら全部カットした方がいいぐらい。

 もう後は、肉親だからとはいえザル警備の巨大ビル、シールドしてあった水晶に勝手に触っちゃダメだろ主人公、意図がよく分からない現実界と異世界を交互に見せる演出、牢屋前に出現するというドラマチックさに欠ける異世界登場の主人公……お腹一杯。
 お話としては、異世界移転ファンタジー物だと思う。
女性キャラ登場の遅さからして、「女性視聴者向け」なのかな。
「こういうパターンの物語に初めて触れる女性視聴者向け」というのが正確かも。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『僕のヒーローアカデミア』01.「緑谷出久:オリジン」 | HOME | 『逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~』01.「はじめての逆転」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。