オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『文豪ストレイドッグス』01.「人生万事塞翁が虎」

 原作漫画未読。
 太宰治とか国木田独歩といった確かに文豪キャラが登場するので、最初「大胆にアレンジした作家伝記物」かと。
太宰の自殺ギャグは『絶望先生』を思わせ、作家小ネタのギャグ作品かも。
 いや、まさか超常能力バトル物とは!
小説家ばっかりなので「書ける」のは能力に含まれず、太宰など「相手の特殊能力を無効にする」という関係あるような無いような力の設定になっている。
太宰だったら、『カムイ外伝』飯綱落としの如く、抱えてもろともに入水した相手だけ仕留めて自分は生還しちゃうとかそんな能力を(怒られそうだ)。

 今回、主人公として描かれるキャラの名前が「中島」ということで、「山月記」を思い浮かべてしまうため、すぐネタは割れる。
高校国語の授業でも扱われる作品だと思うし。
 男ばかりで女性キャラがほとんど出てこない所から、女性視聴者向け作品?
しかし見ている間は、ギャグを挟みテンポ良く進む内容に引き込まれ、そんなこと気にならないなあ。
原作も面白いのだろうが、アニメの監督・五十嵐卓哉、脚本・榎戸洋司といった豪華すぎる布陣のパワーが遺憾なく発揮されたものか。
 しばらく様子見。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『SUPER LOVERS』01.「forest green」 | HOME | 『迷家-マヨイガ-』01.「鉄橋を叩いて渡る」02.「一寸先は霧」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |