オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『クレヨンしんちゃん』895.「ぶりぶりざえもんの冒険 閃光編」

 劇場版を欠けながらも見つつ、テレビシリーズの方はしばらくぶりの鑑賞。
なぐられうさぎのホラーエピソードや、謎のしんこが登場する話など、異色物はチョイチョイ見ているけれど。
 今回、ぶりぶりざえもんが声優を変えて復活する、というので、期待と不安が混ざりつつ。
 自分は塩沢 兼人原理主義と言っても良いぐらいあの声が好きだから、他の声優……ちょっと考えられなかった。
しかし、新任の神谷 浩史は、実に巧くトーンや演技をオリジナルに似せてくれ、何気なく聞いた人なら声が変わっていることにも気付かない可能性があるぐらい。
 お話や演出が「過去イメージの再確認」に留まり、笑える所までいかなかったのは残念。

 ぶりぶりざえもんが新しく喋るのは、ええと、Wikipediaによると16年ぶりなのか。
 『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』に泣いた身として、また新たな活躍に期待したい所。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』06.「告白したら成功確定だと思った?」 | HOME | 『あんハピ』06.「5月30日 みんなで遠足」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |