オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ジョーカー・ゲーム』最終12話.「XX ダブル・クロス」

 最後まで、硬派な大人のドラマ。
 『007』『映画ミッション・インポッシブル』なんかはアクション主体なので論外としても、スパイ物にしたって、多少は派手なシーンがあったりするものだけど、これは徹底して地味。
心理戦を主体に、計略とその裏の掻き方、事件の真相究明等で面白く見せてしまう頭脳派な内容で、見応えあった。
 ストーリーは原作によるとして、抑えた上品な演出と手を抜かない作画が目に心地よい作品。
 しかし萌えとかバトルといった分かり易い売りがない、こういうアニメは商売になっているのかどうか、ちょっと心配。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『キズナイーバー』最終12話.「世界中に、キズナシステムが広がって」 | HOME | 『迷家‐マヨイガ‐』最終12話.「ナナキは心の鏡」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。