オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『不機嫌なモノノケ庵』01.「厄始(ヤクシ)」

 原作漫画未読。
 妖怪が出てくる、という以外にハッキリした共通点はないはずだけど、『夏目友人帳』を連想してしまうのが不思議。
物語としては、『境界のRINNE』の法外な報酬を求めるバージョンだと考えた方が近いのかな。

 ごくまっとうな出来の第一話。
分かり辛い所は無く、不可解に描くポイントを絞り「不可解である」事がしっかり分かるように描写してある。
 酷い目に遭いながらも妖異を無情には切り捨てられない、お人好しの主人公による、ちょっと悲しく良い話。
ドライな(そればかりではないが)能力者少年との対比・掛け合いも楽しく、まず問題のない出来。
 お行儀良すぎ、この作品ならではの尖ったところを入れて欲しかった……というのは贅沢な話なんだろうけど、セールスポイントに欠けるとも言える。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』Prologue00.「災厄の時代」 | HOME | 『初恋モンスター』01.「で…俺、小学生だけど、どうする?」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |