オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』Prologue00.「災厄の時代」

 『テイルズ~』シリーズは数多くのゲームを擁し、メディアミックスに展開されている。
最後まで遊んだゲームって二本ぐらいかなあ、表題ゲームは未プレイ。
 アニメ。
3DCGを駆使した画面は大変に高品質で、人気ゲームの映像化に相応しく気合いが入っている。
 まだよく分からない部分は多々あれど、しっかりした「世界」を感じさせてくれるお話と演出が出来ているため、全くのファンタジー物語であっても、そんなに混乱しない。
 レギュラーになるのだろう登場キャラを覚えなきゃ……と思っていると、イベントによる全滅で負担ゼロに(全員死んだとは限らないが)。
カタストロフの最中に現れた超常キャラ二人は、立ち位置を含め全く説明がないことから、「ヘンなのが居た」ぐらいの認識で良いのだろう。

 正しく強い王女様が、何をすることも出来ず仲間を次々失い、心をポッキポキに折られる様子が描かれた第一話。
それだけで救いも無く終わってしまうため、二話への引きはちょっと弱い。
「この現象は何なんだ?」「ヘンな連中は誰?」など、ストーリーを先に導く要素はあるけれど、それより絶望しているだろうヒロインの気持ちが強く残り、次回を呑気に「楽しみ」とは言わせない。
 これこそ初回一時間スペシャルで、もうちょっと見せた方が良かったんじゃなかろうか。
 しばらく視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『DAYS』01.「それだけで僕はどこまでも走れる気がするんだ」 | HOME | 『不機嫌なモノノケ庵』01.「厄始(ヤクシ)」>>

この記事のコメント

本来ならこの手のアニメはゲーム原作を宣伝する為に作られてるものだが、本作はそれを逸脱しオリジナル展開で進んだ。
勿論、大筋に於いてはゲーム準拠であるが、扱いがゲームとアニメでは大きく違うキャラクターが存在する。
だからアニメだけ見て、ゲームを買うと相当ガッカリするw
話の方はRPG王道と言えよう。
主人公が主人公らしく、最近では中々見ない昭和のアニメを見てる様で懐かしく楽しく見れた。
2期も決定してるらしいし、この先どうなるか楽しみである。
2016-09-26 Mon 22:05 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |