オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『NEW GAME!』01.「なんだかホントに入社した気分です!」

 原作四コマ漫画未読……四コマなのか。
 新入社員であるヒロインの目を通して、ゲーム会社とその社員達を描く。
といっても『SHIROBAKO』みたいにシビアな雰囲気とは遠く、あくまでふわふわ緩やかな仕事模様と、美人女性ばかりの萌え社員達だけど。

 笑う程のギャグはなく、ゲーム会社ならではの「あるあるネタ」みたいなのも薄いと思える、癒やし系アニメ。
 女の子を可愛く描く事に最大限注力した作画は、見事、成果を上げている。
作画が崩れてしまったら、視聴の継続も厳しくなってしまいそう。
 ヒロインと、会話が苦手な人見知り女性以外、まだ見分けが付かなかったり。
彼女らの個性を彫り込み魅力を増していくのが当座の(最終的?)目的。
 取りあえず様子見。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『スカーレッドライダーゼクス』01.「RYUKYU Calling」 | HOME | 『チア男子!!』01.「幕が上がる」>>

この記事のコメント

始まる前は主人公青葉の「がんばるぞい」だけがネットで先行していて、本編はどうなるのかなって思ったら、そこは動画工房が手堅くまとめた。

ただ、作者自身がゲーム会社に勤務してたと言う割に、青葉のいるイーグルジャンプがブラック企業の様な、違う様な非常にあやふやな感じに描かれていたのが、残念だったw
まぁ、そこら辺は先行していたSIROBAKOもファンタジー寄りな描写で、別にドキュメンタリーアニメじゃないから気にする事ないのかもだけど。

NEW GAME!とSIROBAKO。
両者は非常に似通ってると思う。
NEW GAME!の青葉はモロ新人、SIROBAKOの宮森は入社2年目。
なのに目覚ましい活躍をする。
青葉は入門書を読んだだけでアッサリと3Dキャラを増産するし、宮森は宮森でそのバイタリティでトラブルに立ち向かい解決してしまう。
両者に共通してるのは非常にコミュニケーション能力が高く、例え年上と話しても物怖じせずに意見を言い、その上、好感度も高い。
理想を絵に描いた様な社員と言えようw
SIROBAKO放送後にアニメの制作進行に就職するオタクがいたらしいが、果たしてNEW GAME!が最終回を迎え、ゲーム業界に就職するオタクはどのくらいいるだろう。

夢を持つのは大切だけど、アニメと現実を混同して仕事に就くと、長続きはしないのではないかと危惧する。
2016-09-21 Wed 23:13 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |