オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』01.「雨傘の義理」

 脚本・虚淵玄、音楽・澤野弘之による人形劇。
日本・台湾共同制作。
 人形劇のテレビシリーズというと『サンダーバード』や日本の『三国志』なんかを連想してしまうが、これは「霹靂布袋戲」という台湾の人形劇表現らしい。
 ……これまでと違う!
人形劇が苦手にしていた歩きや手・足の表現を上手くこなし、対人バトルアクションさえCGを交えつつ高いレベルで実現。
「動きが速すぎて目がついていかない(早回しにしても)」なんて感想を、人形劇に対して抱くとは思わなかった。

 ストーリー。
 見せ場のバトルを中心に構成しているため、一話ではホンの端緒に終わってしまったが、キャラの個性や関係、因縁の始まりをしっかり描いてあり、理解が容易。
 ガサツ・ぶっきらぼうに見せながら実はお人好しの殤不患、孔明のような策士で人心を上手く操る凜雪鴉、この対照的な二人が面白い。
 意外な展開が待っているとかそういうドラマなのかどうか、お約束通り進める日本時代劇のような筋立てなんじゃないかと思いつつ、ベタも巧みに作ればエンターテインメント。
 美形人形にはファンが付きそうだな。
 期待を込めて、視聴継続。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』01.「嵐の邂逅」 | HOME | 『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!』01.「愛、ふたたび!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |