オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ウルトラマンオーブ』01.「夕陽の風来坊」

 かなり頑張っていた『ウルトラマンX』に続く、シリーズ最新作。
 監督は続けて田口清隆、シリーズ構成の中野貴雄と小林雄次も継続。
 オーブに変身するクレナイガイは、『セブン』モロボシ・ダン、『メビウス』ヒビノ・ミライのように、人類と一体化するのではなくウルトラマンそのものが人間に変化した形態で、地球上に滞在する。
そのため、人間の姿で長時間保冷車の低温に晒されて平気、高空から落下しても無傷、といった超人ぶりを発揮。
 物語は、彼の視点というより、怪奇現象サイトSSPリーダー・夢野 ナオミの目を通して描かれるので、ガイはまさしく「謎の風来坊」。

 ガイが、地球防衛チーム・ビートルに所属しないのは、大きな特徴。
『ネクサス』『ギンガ(防衛組織自体が存在しない)』など、例が無くはないが。
いや、ガイはいずれ、ビートルにスカウトされたり自身の都合によりチーム入りを志す可能性もあるか。
 ただ、一話時点ではビートル隊員は一人しか出ていないし、本部のセットも登場せず。
予算を喰ってしまうこの辺、具体的存在として描かず、SSPで済ませてしまう手もアリかな。

 CGを駆使した画面作り、『X』と同様、見応えがある。
 技術に溺れず、風に巻き上げられた高高度から落下するガイとナオミを、上半身アップのみ・ナオミの絶叫で表現してしまう思い切りとか、なかなか。
 歴代ウルトラマンの力を読み込む際、「ウルトラマン『さん』、ティガ『さん』」と「さん」付け呼びするのが、丁寧で可笑しいやら違和感やら。
最後発ヒーローだし、先輩方のお力をお借りしますという気持ちから、呼び捨てはためらわれたものか。
しかし、『仮面ライダーディケイド』なんて、呼び捨てどころか先輩を武器に変えたり変形させ足蹴にして飛んだりしてたぞ……まあアレは「態度の悪いヒーロー」として設定されてるんだけど。
 十分な面白さで、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『一人之下 the outcast』01.「張家の秘密?」 | HOME | 『タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~』01.「賢者なるギルバート」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |