オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『一人之下 the outcast』01.「張家の秘密?」

 中国のWeb漫画が原作…らしい、もちろん未読。
 ということは中国製アニメか、と思えば「実制作は日本のパンダニウムと韓国のNAMU Animationの共同制作(Wikipedia)」。
 うーん、全体に無難。
お話は一話目として興味を引けないでもない内容、演出は変なギャグとかセンス古いけど酷い訳じゃないし、作画の鈍さは残念だがこれも見られないほどじゃない。

 今回、最大の見せ場になるはず……だろうと思う、張楚嵐の能力が覚醒し危機を脱するシーン。
馮宝宝らが遠くから雷だけ見て終わってしまうため、拍子抜け。
次回以降、しっかり描くつもりだろうけど、ツカミの冒頭エピソードが弱いのはどうだろ。
 ヒロインの強さ、非情さは面白い。
でも、それだけだなあ……ホントに焦点をヒロインの魅力に絞り、そこ以外を厳しく削ぎ落とした方が、次回への引きになったかも。
 『霊剣山(一話しか見てない)』に比べれば、ずっと良くなっている。
 今後の更なる進化に期待しつつ、これはここまで。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『クオリディア・コード』01.「残存世界のグロリア」 | HOME | 『ウルトラマンオーブ』01.「夕陽の風来坊」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |