オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『あまんちゅ!』01.「少女と海のコト」

 『ARIA』の天野こずえが原作、単行本一巻だけ既読。
 アニメ総監督として、『ARIA』佐藤 順一が引き続き。
 単行本一巻発売でも、もう七年近く前になるのか。
忘れかけていたため、アニメを見てから該当部分を読み直す。

 大きな違いは、光が家を出るシーン、そして担任女教師(読み返してしばらく双葉かと勘違い)と光の熾烈な通学バトルが略されているところ。
前者は、双葉の視点から「不思議少女・光」を描くためだろう。
後者は動きで見たい、凄く面白い追いかけっこなんだけど、何しろ時間を費やしてしまうため、一話時点では省いてしまうのも納得。
無理に詰め込めないこともないが……『ARIA』が帰ってきた!ようなゆったりした空気を壊してまで入れる必要はなく、次回以降に回しても。
 高い頭身でのギャグ顔が可愛い。
ヒロインたちの、腰の張り、お尻のラインを制服着衣の上から(ミニでなく昨今見ない長い丈のスカート…人魚をイメージ?…なのに)感じさせてくれる、高いレベルの作画。
 醸し出す空気の良さが命の作品、キャラの崩れは致命的なので、頑張って欲しいところ。
 一話は、佐藤 順一コンテだけあって、とても爽やかな気持ちの良い仕上がり。
 癒やされる内容を期待しつつ、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『斉木楠雄のΨ難』01.「超能力者のΨ難(前編)(後編)」「最低Ψ悪!?燃堂力」他 | HOME | 『アンジュ・ヴィエルジュ』01.「はじまりの可能性」>>

この記事のコメント

さぁ、これからだって言う所で終ってしまった。
このアニメの主人公ってぴかりじゃなく、テコの方なのか?
テコの成長物語が縦軸に、ダイビング関係が横軸な様に思えた。
原作的には2期をやるだけのストックはあるみたいだが、売り上げ的には厳しいかも・・

2016-09-24 Sat 21:30 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。