オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-(絶望編)』01.「ただいま希望ヶ峰学園」

 一週間に二本、それぞれ時の設定が違うストーリーを放送する、超変則的放送形態アニメの「絶望編」。
 「未来編」冒頭のイメージで、ざあっと見せられた部分をしっかりアニメ化する、ということなのかな。
 まだ閉鎖空間に囚われないし、殺人も起こらず。
いずれはそのお馴染みフォーマットに入るのか、また全然違うパターンを確立するのか。
 作画は良好。
 この世にもまれな放送形式を、どう活かしていくのか、楽しみに見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『バッテリー』01.「出会いの日」 | HOME | 『モブサイコ100』01.「自称霊能力者・霊幻新隆 ~とモブ~」>>

この記事のコメント

アニメしかしらないせいか、最終回はイマイチ乗り切れなかった。
しかし、絶望へどうやって誘うのかと思ったら、ただの洗脳には拍子抜け。
これは原作組も同じ意見の様で、かなりの人がガッカリしてた(ゲームだと絶望落ちした原因に対してはちゃんと語られて無い模様)。
江ノ島盾子は表向きは超高校級の「ギャル」でその実、黒幕にして超高校級の絶望と言う割に洗脳なんてショボイ方法に頼るってのが、小物臭が漂ってしまう所存。
タイトルの「ダンガンロンパ」が、ただの力押しの洗脳と言うのはどうなんだろうか。

2016-09-23 Fri 22:11 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。