オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『バッテリー』01.「出会いの日」

 原作小説はもう二十年ぐらい前に刊行され始めたものなのか、未読。
 望月 智充監督作品……最近の監督作は最後まで見続けられた物がなく、ちょっと不安。

 アニメ。
 とにかくゆっくりしたテンポで、少年達の日常とその変化、出会いを描いた。
「圧倒的天才ぶりを発揮する投手と対立する野球部員」とか「廃部寸前の野球部がその存続をかけ急造ナインで試合に臨む」といった強い・アリガチなツカミはなく、スローなスタート。
 それでも、クセのある主人公ピッチャーと、負けず強硬なキャッチャーの会話など面白く、この二人がどうなっていくのか興味をそそられる。
色々ありそうな主人公周辺の事情は、次回以降、順次描かれるんだろう。
 しっかりとした作画が、作品の空気をキープ。
 久々に最後まで見られる望月監督アニメになる……のかな、期待と不安で視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<映画『シン・ゴジラ』 | HOME | 『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-(絶望編)』01.「ただいま希望ヶ峰学園」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。