オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『モブサイコ100』最終12話.「モブと霊幻 ~巨大ツチノコ現るの巻~」

 原作漫画を、試し読みできる書店で単行本の最初だけ読んで、正直あんまり面白いと思えず。
モブが超能力・霊能力で事件を解決しつつ、しかし霊幻に搾取されるだけのストーリーが、どう面白くなるのか、強敵凶悪超能力者が出現しモブとバトルを繰り広げる内容になるってパターン?それにしたって……などとすっかり侮ってアニメ鑑賞。
 モブにコンプレックスを抱く弟の存在、キャラの強い超能力者組織、彼らとの戦いは『ワンパンマン』的に「主人公が本気を出したら最後」という仕掛けがあり、次第に内容へと引き込まれていった。
さすがに上手いなあ。

 でも、この作品で一番驚いたのは、物語の足を引っ張るだけのウザいキャラだと思っていた霊幻が、空気を一転させるキーマンとして機能するところ。
これは予想だにしなかった。
 生命の危機にさえ瀕し、絶対に戦わなければならない場面で、彼から「逃げてもいい」という言葉が出てくるとは。
状況を理解してない馬鹿セリフに思わせながら、勢いや物語の流れに呑まれず真理を突く、凄い一言。
 敵超能力者の必死な攻撃や訴えを子供扱いで一蹴する辺り、相手を見下して掛かるいつもの霊幻そのままなのに、あの狂った戦場では、唯一常識的な人間の意見に感じられた。
 彼で感動すら生み出してしまう構成の妙技、ただただ驚くばかり。
 エピローグ、「常識的世界ではやっぱり非常識な霊幻」にイメージを戻すのが可笑しい。

 アニメはとにかく作画水準が高く、原作の巧いとは言い切れないキャラ絵を、そのままで、しかし見事に動かしてあった。
 当座のボス敵らしき人物も登場して、まだこれから、という所での終幕は残念。
二期での続きを待ちたい。
 その際は、意外と存在感のあった肉体改造部にならい、電波部の面々が役に立ったりする……かな?
モブVSワンパンマンで、最強を競ってみるのも面白そう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『台風のノルダ』 | HOME | 『あまんちゅ!』最終12話.「蒼い世界のコト」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |