オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『ベルセルク』最終12話.「すがるもの、もがくもの」

 えっ、もう終わり?
物語としてはあんまり進んでないような……それは原作を追いかけている人達も思っていることか。
 放送開始当初はちょっと気になったCGのレベルだけど、演出が上手いのか、見ているウチに気にならなくなった。
 話が進まない分、アクションは細かく、迫力を持って描けており、その点では満足。
 異端審問官・モズグスの異常さが、なかなか。
彼の下りまで原作を読んでいたけれど、アニメでは、小山力也の理知的で説得力のある声が相まって、パワーアップした恐ろしさ。
 グリフィス登場で期待を煽りながらの終幕は残念、第二部は……ああ、来年春から放送に決まってるのね。
楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ももくり』最終26話.「ふたりのキモチ」 | HOME | 『台風のノルダ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |