オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アイドルメモリーズ』01.「栄光のティアラ」

 冒頭の「あれ?アイドル物じゃなくSFファンタジー?」と思わせるツカミから、斬新さはないが妥当なストーリーを展開。
作画レベルが高く少女達は皆可愛く描けており、歌唱3DCGの出来も良い。
 シャワーシーンなど男性向けサービスを除けば、深夜枠でなく早朝・夕方に放送し年少の視聴者に見せても悪くない内容。

 ……と油断していたところ、アニメ画面に突然入ってくる声優女性達の実写映像で、何が起きたのか分からず混乱。
 30分枠ではあるけれど、アニメはその半分以下、以降は声優さんが生身で登場するトークバラエティーに変わる構成なのね。
それにしても、「アニメをエンディングまで流し、それから実写に」といった分かり易い切り替えがなく、ホントに突然実写に変わってしまうので、凄い違和感。
 「中国ゲーム会社のHappy Elementsによる日本で制作したアニメである。実体は日本名義の中国アニメと言える(Wikipedia)」らしい。
制作スタッフがほぼ全員日本人であるせいか、「中国」を感じることはまず無いだろう。
 本国でこのアニメを放送する時はどういう形式なのかな……10分程度のアニメパートだけをショート枠放送・日本の3話分をまとめ30分アニメ枠で放送・そのまま日本声優を見せるあるいは中国版声優で撮り直したバラエティーと一緒にする、どれか?

 アニメ部分だけなら見続けて良い出来だと思う。
 しかし、とにかくこの変則放送がネック。
声優バラエティーにあんまり興味が無いからなあ……だったらそこは見なきゃイイってのはそりゃそうなんだけど、面倒くさくて丸ごと見なくなってしまいそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『学園ハンサム』01.「薔薇門高校へようこそ」 | HOME | 『3ねんDぐみガラスの仮面』01.「さぁ 送信タイミングを熱くするのです」>>

この記事のコメント

後半の実写だけでもお腹一杯なのに、更にコッチはやる気も無い中国語講座・・・
1話で脱落。
2016-10-05 Wed 20:48 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |