オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『3月のライオン』01.「桐山 零/河沿いの町で」

 アニメ化・映画化もされて大ヒットした『ハチミツとクローバー』の羽海野チカによる漫画原作、単行本で既読。
 ずっしりとした重さと、それに負けず可笑しさ楽しさに満ちた人生、そして将棋を描いていく漫画。
 終わり方はどうなるのか、「こういう終わり方だろう」という読者の予想と違う形を選ぶことがあり、その辺も含めて目が離せない。

 アニメ。
 アクの強い演出が売りの新房 昭之監督なので、不安と期待半々。
ファンが多い原作、あんまり突飛なことをやってしまうと非難囂々になりはしないかというのが、不安。
しかし、読むだけで十分満足できてしまうレベルの原作漫画、そのままアニメにするなら見る価値を余り感じず、原作の意図を深化する目的での「そうきたか!」演出をしてくれる方が個人的には嬉しいなあ、と期待。
 実際のアニメは……忠実に原作通り。
地に足の付いた、人間目線の演出が成されており、弾けているのは三姉妹関係ぐらい。
それでも見せてしまうクオリティの高さはさすが。
 声が付いた三姉妹とネコの可愛さには、癒やされる。
 見られるところまで見続けよう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』01.「たくさんの人」 | HOME | 『クラシカロイド』01.「ベトとモツと音羽館」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |