オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ガーリッシュナンバー』03.「邪道な千歳と王道展開」

 声優としての演技に悩む千歳。
 それはまあ良いとして、ダメダメな時点での演技が「声優未体験者の棒読み」。
今時、多少芸達者なアイドルでも、もうちょっとそれらしい声を出す。
 この娘は全然ダメです、を過剰に分かりやすくしたものだろうが、これまでモブ程度の役しかやってないにせよ曲がりなりにも声優を務めてきた訳で、こんなにヘタって有り得るのかなあ。
 音楽をテーマとするアニメなんかでは、駄目出しをされるバージョンでも、素人の耳からは「いや、こんなもんじゃないの、ドコが悪かったの?」と思えるレベルだったりすること、よくある。
今作がアニメを見慣れていない視聴者に向けた作品だとは思えず、もっとレベルの高いポイントからのNGで良かったような。
 ヒロインは声優学校も行ってない設定……なのか。
声優という仕事どころか、アニメ自体にもそんなに興味無いみたいだし、アニメ好きのアイドルよりずっとスキル低い?
 そういう彼女が壁にぶつかったり乗り越えたり、というイベントを上手く設定できていないのが、違和感の原因なのかな。

 アニメのスタッフと原作者・出版社の意見対立が、辛い。
 ずっと昔、アダルトなOVAを作ってもらった際、「スケジュールの遅れは作画とか完成品クオリティーの低下に直結するので、何か言いたいことがあっても我慢して、とにかく進めさせて下さい」と最初に釘を刺されたのを思い出す。
 キャラクターデザインが原作イメージと違うことについては、早めにチェックさえ出来ていれば、不可能という程に難しくないような。
ラノベイラストレーターさんの超絶絵をそのまま動かすのは困難なため簡略化したりアニメ向きに変えてしまった、なら、その修正はなかなか出来ないだろうが。
「大して売れてもいないラノベ原作者の意見なんか適当に聞き流しとけ」という態度で臨まれる現場を、自虐気味にネタにしているモノか。
 いや、全責任はスチャラカなプロデューサーにある?
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『CHEATING CRAFT/TO BE HERO』04.「アテンションプリーズ!CAと空に遊べ♡/8種類の異なる悲鳴」 | HOME | 『ろんぐらいだぁす!』01(再).「小さな奇跡」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。