オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『CHEATING CRAFT/TO BE HERO』04.「アテンションプリーズ!CAと空に遊べ♡/8種類の異なる悲鳴」

「CHEATING CRAFT」
 舞台は、一応学校ということになってるんじゃなかったっけ。
毎度、テストばっかりやっていて、授業風景を見たことないなあ。
最終的に残った生徒を「国家特級学士試験」合格者とすべく、延々テストを繰り返し、生徒数を減らし続けるためにある学校で、何かを教えることはないんだっけ?
 カンニング防止はともかく、恐ろしい低温環境下でテストを行うとか、ただ嫌がらせのような。
それでも優秀な成績を取れる者しか合格できないのか!現実の中国支配者階級なら(いや日本人でも)ほぼ全員不合格では。
 「何だこの試験会場は!」「そんな不正方法があるかぁ!」といったツッコミを入れるキャラクターがおらず、妙なことが起きていてもそのまま話を進めるため、ボケが若干不親切。
メリハリを付けるべく、常識を弁えた(自身は面白味の無い)キャラを配置した方が良かったような。

「TO BE HERO」
 すっ飛んだ馬鹿ギャグを連発しており、楽しい。
 前回の、時間かけた割に大して変形しないトランスフォーマーネタとか、ちょっと笑ってしまう。
 「暗黒(暗殺)教室」というタイトルを挙げた際、「どこぞの国では公開禁止」と言っていたが、本当に中国では見られないのね。
要人暗殺、といった不穏な内容じゃないんだけど、恩師に銃口を向ける時点で儒教思想と相容れない?(娘が父親をゲンコツでボコボコにしてるのに)
秩序の乱れを最も恐れているだろう中国共産党としては、「暗殺」なんて概念自体、存在してもらっちゃ困るのかな。
しかしこのギャグ、中国ではどのようなセリフになってるんだろう……体制批判的なことは言えないと思われ、まるで違う文言に?
 もうちょっとザコ敵や四天王的幹部で時間を稼ぐと思ったが、当座のボスだろう王子とバトルし、早くもグダグダに。
まだ、彼を一家で最弱の恥さらし呼ばわりする第一王子や父王を投入できるか。
 手刀で心臓を貫かれても、「別に」何のダメージもリアクションも無い主人公の無敵さがバカバカしい。
恐るべきルール無用加減。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『第502統合戦闘航空団ブレイブウィッチーズ/ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow』01.「サン・トロンの雷鳴」 | HOME | 『ガーリッシュナンバー』03.「邪道な千歳と王道展開」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。