オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ブレイブウィッチーズ』06.「幸運を」

 弱い魔法力の代わりに、強靱な体を持つひかり。
生まれつき魔法力に恵まれて、とか、次第に超絶才能が目覚めるような話にせず、足りないパワーを一点に集中するなど効果的運用することで乗り越えていこうとする、割と見ないパターンが楽しい。
 腕の先端に魔法力を集め、塔を登っていく、『ジョジョ』第二部波紋修行のような特訓。
腕を壁にくっつけることは可能でも、片腕懸垂のように体を持ち上げることは難しいと思え、そこで体力バカもとい強い筋力を誇るひかりの特異な設定が生きてくる。
他のウィッチーズも、大型火器を抱えて飛び回ったりしている訳で、それなり以上の体力は備えてるのかな……しかしまあ、ひかり程じゃないんだろう。

 極寒の中、廃棄された戦車内で暖を取り、それが逆転への伏線になっていく前話も好み。
 弱点を持つ少女達が、互いに補いつつ勝利する、気持ちの良い話。
 ただ、今回の話もそうだけど、ちょっと真面目すぎるというか隊の少女達がほとんど「一生懸命頑張る良い子」であって、キャラの差別化が弱く、印象に残り辛いのは残念。
 作画面も、もう一歩……と感じられるところがあり、制作状況の厳しさは突然のOVA挿入からも明かなんだけど、頑張って欲しいところ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『終末のイゼッタ』最終12話.「イゼッタ」 | HOME | 『終末のイゼッタ』06.「穏やかな日々に・・・」>>

この記事のコメント

6話の記事なのに、6話の感想が無しw

ストパン1期はDVDを全巻揃える程好きだった・・
でもブレパンはハッキリ言って、手元に円盤を残したいって思える程の出来じゃない。
今回の6話はネウロイがマーカーと砲手の二手に分かれ、同時索敵と言う展開だったが、作戦行動中だと言うのに戦闘隊長であるサーシャ自らがその索敵を放棄するってどう言う事なん?
しかもその理由が完全に私的理由過ぎて呆れる。
敵を目の前にしてるのに雑念が多過ぎだろ。

2話、3話でひかりが502に入隊するには弱過ぎるとか言われてたが、5話を見るとジョゼとか下原もメンタルが弱過ぎだったじゃんとしか言い様が無い。
なんかチグハグ。

4話に至ってはもう意味が解らない。
その前の時点で入隊許可おろしたんじゃねぇのか?
なんであんな曲芸紛いな意味の無い事をさせた?

正直に言って、何もかもが古いシリーズよりか劣化してる。
これだったら無理にアニメ化しない方が良かったんじゃないのかと、疑問しか残らない・・
2016-11-20 Sun 23:31 | URL | u12 #-[ 編集]
> 6話の記事なのに、6話の感想が無しw

 (笑)実は、6話の内容にはあんまり感心しなかったんです。
しかし、ぼちぼち良かった回の感想とか書きたかったので、こんな変な構成に。

> でもブレパンはハッキリ言って、手元に円盤を残したいって思える程の出来じゃない。

 『ストライク~』が良く出来ている分、キャラを一新したスピンオフを作るのは大変だったろうと思います。
かといって作品の雰囲気まで一新(『攻殻機動隊』みたいな硬派組織にするとか)できるわけでなく。
2017-01-02 Mon 17:36 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。