オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『CHEATING CRAFT』『TO BE HERO』最終12話.「祭りの後 線香HANABI」「パパ そばにいて!」

『CHEATHING CRAFT』
 三石 琴乃声先生が酔っ払って結婚できない悲しみに荒れ狂う話が、楽しかった。
その回のラストと、最終回にも出てきた若い男女は、他作品とのコラボなのかな?正直、真剣に見ていたとは言い難い鑑賞姿勢だったため、本編シリーズの重要キャラであっても分からないが。
 「恐ろしく厳しい試験をカンニング行為で乗り切る」主題から、逸脱したり沿ったり。
 最後は、接近してくる月が地球に激突する前に皆で試験を越えねばならない、漫画『幻魔大戦』シチュエイションに、ちょっと笑う。
切り抜け方は軽く、三石先生の豹変・日常への帰り方も??
 何か大変なことが起こったらしい次シーズンへの引きで、ブツっとお終い。
 主人公達は目的も果たせておらず、第二期があるのかな?

『TO BE HERO』
 お下品さを含む馬鹿ギャグアニメで、まあドタバタスチャラカと終わるんだろう、と侮っていたら……
 家庭を顧みずどうしようもなかった昔の主人公、傷つきやすく弱かった娘、家を出てしまう妻、妙な外見と特性のザコ敵達、超絶に強い最終ボス、それに多元宇宙が加わり、「全て必然であった」と思わせる最後のとりまとめ方に、驚きと感動。
こういうタイプの物語、としては、かなり出来の良い方じゃなかろうか。
 ジジイ視聴者なので、娘のため命懸けでヒーローであろうとする父親と、生きて共に居て欲しいと父に願う娘のクライマックスに、ホロリ。
 超絶の作画……ということではなかったが、迫力のある画面で圧倒してくれるバトル描写も心地いい。
 キレイに終わったよう見せつつ、やっぱりドタバタしてしまうエピローグ。
最後の最後に画面下から顔を出したのはワタナベシンイチだと思うけど、ホントはクレジットされている「日本語版監修」じゃなく、このアニメ全体の監督だった……?いや、でも、うーん、違うか。
 途中で視聴挫折ばかりしてきた中国系アニメの中、これは初めて、面白い作品。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『魔法少女なんてもういいですから。』最終12話.「魔法少女になってよかった事」 | HOME | 『終末のイゼッタ』最終12話.「イゼッタ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |