fc2ブログ

『魔法少女なんてもういいですから。』最終12話.「魔法少女になってよかった事」

 このアニメには珍しく、三話連続話、しかも「危機」で引いていく今シーズン最終エピソード。
水死霊(妖怪類?)の凶行原因を解明したり退治するような、所謂魔法少女らしい展開はなく、危険を乗り越えた後はすぐ日常に戻ってお終いという、やっぱりこの作品らしい締め方。
 ゆずかを偏愛する、ちやなんて、霊への怒りを爆発させて当然だと思うのに、暴行を加える相手は相変わらず、ゆずかにセクハラを働くミトンのみ。
霊はまだ女性だけど、ミトンは「愛するゆずかに近づく(自分から彼女を奪っていく恐れのある)オス」だという所が、制裁対象となる主要因なのかな。
 ミトン、性的不埒を働いているようで本人には自覚が薄く、これで他設定はそのまま、イイ感じな男の子の姿さえあれば、ハーレム系作品の主人公でもおかしくない。

 魔法少女、というと勉強が苦手なイメージがあるけれど、ゆずかは成績優秀。
家事をしっかりこなし、ドジでもない。
 その辺を意外にというか物足りなく思うミトン・真冬が可笑しい。
 魔法少女は名の通り「超常能力である魔法を使える」アドバンテージを有し、代償として……他キャラとバランスを取るべく優秀でない学業成績・迂闊な行動性などマイナス設定を付加されてしまう。
あくまで変身を嫌がり続け、魔法の使役にも消極的なゆずかであれば、勉強が出来ようと物語に影響ないのか。

 今期もシーズンを通して安定した作画で、女の子達が可愛く描けていた。
最終話の一部、「ゆずかの無事に気が抜け、へたり込むちや」なんかとても好みの作画で、目に嬉しい。
 毎回、見るのが楽しみな、癒やされる内容のアニメだった。
 第三期も期待したいところ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク