オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『リトルウィッチアカデミア』01.「新たなるはじまり」

 元になっている劇場版は、一作目を既視聴。
TRIGGERらしいアニメで、作画のパワフルさが元気なキャラクター達をくっきりと描き出し、楽しく見せてくれた覚え。
ただ、ストーリーとしては(ジジイ脳だし)あんまり印象に残っていない。
 『魔法つかいプリキュア!』が放送されていることもあり、『ハリー・ポッター』が企画のスタートだろうアニメを、今、テレビで流す意味はどんなもんだろう、と思いながらの鑑賞。

 おお、面白い。
 全く一般人程度の認識・能力しか持たないヒロインが、専門知識やパワーを持たなければ辿り着けない魔法学校を目指して悪戦苦闘する様を、やっぱりさすがTRIGGERの良く動く作画で描いてくれた。
魔法使いになりたいと思うアツコの原点、生徒達が一般人を見る視線と、異質でありやがて同室になる少女二人との出会い、そういった基本設定をアクションに乗せて語り、飽きさせない。
 アツコは通信教育?で魔法を学んだのか。
それならホウキぐらい教材として売りつけられそうな……学校側は、魔法使いとしての血筋も家庭環境も持たない彼女について、もうちょっと配慮して良いんじゃなかろうか。
「入学できない」ならまだしも、「生命の危険さえ」だった訳で。
トップアスリートを育て上げるため設立されたスパルタ学校に、まさかヨチヨチ歩きの赤ん坊が入ろうとするとは思わなかった!なのかな。
 スーシィがアツコ達を「生け贄」にコカトリスの羽をむしったのは、あの空間から脱出するのに必要だから、だとばかり……結局使わなかった?ホントに(この非常時に)コレクションしたかっただけか。

 難しいコトは考えず、ただ楽しんで見れば良いアニメ。
 エロサービスや残酷描写もなく、早朝や夕方の時間帯で子供に見せて構わない、見せるべき作品じゃないかなあ。
現TRIGGER取締役が監督を務めた『ぷちぷり*ユーシィ』を思い出す、あれなんかNHK BSの放送。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『銀魂.(第4期)』317.「化物と化物の子」 | HOME | 『アイドル事変』01.「私が国会議員になっても」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。