オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ガヴリールドロップアウト』01.「もう戻れないと知ったあの日」

 原作漫画未読。
 「ケガレなき天使の女の子が、人間男子と出会って始まるドタバタラブコメ」かとばかり思って、冒頭部を見ていた。
 ああ、今期『干物妹!うまるちゃん』枠か。
せっかくの可愛いさや他スペックの高さを捨て、一室に閉じこもりゲーム三昧の自堕落な生活を送ろうとする姿が似てる。
 転落・堕落の切っ掛けが、「困っているネットゲームプレイヤーを助けたいばかりに課金・長時間プレイ地獄へとハマる」という、純粋で世間知らずの天使らしいモノなのは、おかしく切ない。
自分を犠牲にしても他者を救うよう教育される(のだろう)厳しい修道院のような天使界での生活しか知らない彼女にとって、恐ろしいほど楽しく甘美な地上の娯楽に抗う術は、無くて当然。

 全員ダメダメだから仲良くやっているけれど、天使と悪魔を同じ地上学校で研修させるなんて、両世界上層部はどう考えてるんだろ。
むしろ両勢力の対立がグダグダになり、仲良くなることを望んでいる?いや、この作品では最初から双方の関係は悪くないのかも。
 悪魔らしくあろうとする行動や言動が、寝ボケた中二病患者にしか見えないサターニャ、可愛い。
 どうしてこうなった?異常なサディストとしての本性をむき出しにする天使・ラフィエルも凄い、しかし、天使と悪魔がキレイに逆転してるなあ。
親方日の丸(神様)なのでその絶対性に従う存在の自分は「間違っているかも」と考える必要が無い天使と、自らが堕落してしまっては人間を堕とす業務を遂行できないため厳しく自身を律する・娯楽や快楽を知悉しており免疫を持つ悪魔の差?
 作画は安定しており、女の子達がみんな可愛くて嬉しい。
 気楽~に視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『鬼平』01.「血頭の丹兵衛」 | HOME | 『銀魂.(第4期)』317.「化物と化物の子」>>

この記事のコメント

聖書内で殺した人間の数
悪魔→10人
神→2,038,344人(ノアの箱舟の大洪水も計算に入れた完全版だと、殺した人数は3千万人を突破)

実は神の方が人間を殺しまくってっているのですw
案外と悪魔は良い奴なのかもw

2017-01-13 Fri 21:38 | URL | u12 #-[ 編集]
6話。
いやぁ、腹を抱えて笑ってしまったw
特にAパートは秀逸だった。
“胡散臭い”魔界通販からガヴを負かす為に、買いこんだ銃。
だがモノの見事に、返り討ちに合うサターニャ。
このアニメの面白さの半分はサターニャのアホの子っぷりで賄われてる(褒め言葉)。
一歩間違えば、ただのイジメとも取れかねない描写がサターニャの性格のお蔭で暗くなる事も無く、笑へと上手く昇華出来てる。
あれだけ邪険にされてるのに、懲りる事無くガヴに勝負を挑むサターニャには頭が下がる。
とは言え、ガヴの方も本気で嫌なら部屋に上げる事もなかろうから、満更でも無いと言えよう。

委員長、2度目の登場。
前回よりかはキャラ立ちがして良かった。
あまりにも責任感が強過ぎて、サターニャの為に一肌脱ぐ(物理的に)とはw
まぁ、最終的にはサターニャは自分には手に負えないと悟ったが。

6話まで見て来たが、ハズレ回が無い非常に面白い。
1つだけ注文と言うか、あれば良いなと思えるのはもっと人間(クラスメイト)との掛け合いがあった方が、良いかな。
折角、人間界で生活してる天使と悪魔なんだからその当事者たる人間ももっと登場させると更に面白くなりそう。
2017-02-15 Wed 22:38 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。