オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アリスと蔵六』01.「赤の女王、逃げる」

 原作漫画未読。
 タイトルから、何となく「優等生少女と不良男子のラブコメ」みたいなのを想像してしまったけど、能力バトル物なのね。
 「蔵六」は、親に付けられた古くさい名前を恨む可愛い少年…ではなく、そのまんまジジイ。
彼が少年から青年であれば、不思議な力と宿命を背負った少女と出会ってオタオタしながらも信頼(恋愛)関係を深めつつ戦いに巻き込まれていく、割合よくある筋立てになったかと。
しかしジジイであるため、酷く不可思議な出来事にも流されぬ頑固な対応を見せ、美少女の強引な接近に動じず孫に接するよう応じており、なし崩しにハーレムが築かれるような展開とはならなそう。
まあ、「ツンジジイが孫娘にモテモテのハーレム」というのも、高齢化社会の現在、需要が無くはないか。

 シリアスな物語にするには、少々軽いイメージのキャラクターデザイン。
コメディー寄りかと思われるが、バトルや演出には重い手応えもあったり。
雨に濡れた路面の見せ方、凄く良かったなあ。
 このまま、ちょっとコミカルなストーリーにも出来るし、少女らやジジイが背負っている設定やバトル表現によってはシリアスな展開も可能。
 どうなっていくのか、見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『幼女戦記』最終12話.「勝利の使い方」 | HOME | 『BanG Dream!(バンドリ!)』01.「出会っちゃった!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |