オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『この素晴らしい世界に祝福を!2』最終10話.「この素晴らしい仲間たちに祝福を!」

 『幼女戦記』の神とは全く違い、女神様をパーティーに加えながらもグダグダなギャグと戦いを繰り広げていたこのアニメ、第二期終幕。
いや、存在Xも、エラそうなことを言っていられる場所から下りて人間体となり、ターニャの隊で共に戦い始めたなら、「私は神だぞーもっと崇めないかー!」ばかり言っている割合役立たずの兵士になってしまう可能性が。
 そういえば、この作品の目的って、何だっけ?
一応「魔王軍を倒し世界を平和にする」といった使命を、転生の際に与えられた気がするが、そんなものはとうに(最初から)目指されておらず。
パーティーの美少女達と恋愛関係を進展させる……ことを和真は全然望んでおらず、嫌っている訳ではないにせよ「厄介な家族」ぐらいの認識だろうし。
 取りあえず、金持ちになって危険から離れ、安楽に暮らすこと、かなあ。
全員スペックは高いのだし、力を有効に使えば、それはそんなに難しくないような(そもそもダクネスなど貴族の出)。

 転生勇者ファンタジーのパロディーとして強烈だった第一期に比べると、全体にノンビリ内容だったような気はしつつ、それでも十分すぎるぐらい面白く、笑う回数はより多いぐらいで見られており、定着したキャラクターの強烈さによるものと。
アクアの意図せぬ「攻撃」を受け、毎度存在を危うくさせられるウィズの繰り返しギャグとか、好きだなあ。
 アクシズ教団街での宗教がらみドタバタも、新興宗教のモデルを感じさせつつ軽やかに悪辣にこなしており、笑わされた。
まあ、実際のアクアはとても信仰の対象にならないよね。
 全員の連携が素晴らしいラストバトル、作画の熱さもあり見応え十分。
讃えられて当然なぐらいの奮闘を見せたのに…の結末がまた、安易にRPGのお約束に乗らないこの作品らしい。
 レギュラーにもゲストにも好きなキャラが多く、終わってしまうのは寂しい。
魔王打倒まで(最終的に倒すのかなあ?)続けて欲しいアニメ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『僧侶と交わる色欲の夜に…』01.「僧侶の前に…俺だって男だよ」 | HOME | 『つぐもも』01.「桜の香り」>>

この記事のコメント

角川お決まりの10話最終回。
ちょっと物足りない。
アクシズ教は確かにカルト紛いの宗教だったが、
アクアの教徒に対する思いは神そのもの。

2017-04-09 Sun 21:16 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |