オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『FRAME ARMS GIRL(フレームアームズ・ガール)』01.「轟雷/スティレットとバーゼラルド」

 「コトブキヤが発売しているロボットプラモデルのシリーズ(Wikipedia)」を元に、アニメ化したもの、らしい。
 フィギュアサイズで自律行動し、戦闘まで行う美少女型メカ……既視感がある、と思えば『武装神姫』に似ているのか。
 人間主人公が女性であり、フレームアームズ・ガールと擬似的にせよ恋愛関係に入れないのが、今風。
「自由に会話し動き回るフィギュア少女」の存在に、ヒロインがそれほど驚きのリアクションを示さないのも、テクノロジーが進みロボット・AIが一般的になってきている現代ならでは。
 ニッパーのメーカーに拘ってみたり、パーツ装着の手順を細かく説明するなど、原点プラモデルの特異性をネタに活かそうとしているのは、結構。

 ロボ少女らは、その設定からも、3DCG造形で違和感ない。
 作画は良好、CGも含めキャラは皆可愛く、バトルを交えながらも基本ノンビリした日常をふわっと描き出した第一話。
 掴まれた!とは言えない導入部だが、『けものフレンズ』みたいな大化けを見せる(鑑賞眼が確かなら最初から価値を感じ取れた?)作品もあるからなあ……様子見。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『笑ゥせぇるすまんNEW』01.「白昼夢」「ご利用は計画的に」 | HOME | 『僧侶と交わる色欲の夜に…』01.「僧侶の前に…俺だって男だよ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |