オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『月がきれい』01.「春と修羅」

 アニメオリジナル企画。
タイトルだけでは内容予測が難しく、本編を見ても定かなテーマはまだ現れてこない。
今回、徹底して描かれた通り、大事件があっては飛ばされてしまうような日常の細やかな出来事・心の機微を丁寧に見せていく作品なのか。
 「親に連れられてのファミレス食事でクラスメートと顔を合わせてしまい、恥ずかしがる」なんて感覚、すっかり忘れていた……そういえばそんなだったなあ。
別段、恥じるべき酷い家族ではなく、堂々としていれば良いようなものなのに、何だろうなあ「まだ親なんかと出歩いてるんだプププ」と笑われたらどうしようと自意識過剰に思ったものか。

 劇中ではスマホアプリのLINEに、やたら言及される。
LINEをスポンサーに付けても良いぐらい、だけど、特に素晴らしい扱いをしている訳でなく、主人公達の年代に最も普及した・特別な説明なしに劇中で使えるアプリだから設定しただけなんだろう。
まあ、実際便利だし(最近使い始めた)。
 主人公らの様子から、恋愛関係が進んでもそれを公言するなどなかなか難しそう。
学校内ではあくまで一クラスメートとして振る舞う、「夏祭りに二人で出かける」なんて目撃される危険度が高すぎて無理、キスとかその先にシリーズ中で辿り着くのは……夢のまた夢じゃなかろうか。
いや、田舎町の学生は、出かけるような場所がなく、自宅だと親の目がウルサイため、ラブホテルをデート場所に選び、意図せず?関係が進んでしまうって昔聞いた!聞いただけ!「赤い服を着た女は男を誘ってるから、すぐやれる」みたいな童貞妄想情報かも知れない(笑)。

 地味~ながら丁寧な演出と作画。
 岸 誠二監督がこういう作品を手がけるのは珍しいような。
意外と『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』に近い手触りも。
 面白い、というか、良いアニメだったと感じられるシリーズになれば良いなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『クロックワーク・プラネット』01.「運命の歯車」 | HOME | 『武装少女マキャヴェリズム』01.「素晴らしき刃「鬼瓦輪」」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。