オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『恋と嘘』01.「初恋」

 原作漫画未読。
 少子化対策として、16歳を迎えた少年少女に対し、国が結婚相手を決定・強制するディストピアが舞台。
 互いの遺伝子のみならず性格的な相性も考慮はされるのだろうから、このシステムを歓迎する向きもあろうか。
しかし万全では有り得ず、相手の容姿が、あるいは個性がどうしても受け入れられないものだった場合、もう地獄だとしか。
 上層部が選んだ信者ペアでの結婚を強要する宗教団体は実在するが、これで成り立つのは「強い信仰」という共通するベースがあってこそ。
この作品の場合なら「国への信頼もしくは恐怖」と、結婚=出産ではないことから「子供を持つことへの社会的サポート、周囲の理解が万全……持たないことによる巨大なデメリットで脅迫?」辺りが必要。
国が信頼でき、子育てを完全バックアップしてくれるなら、こんな人権無視結婚システムがなくても出生率は回復するだろう。
 いや、それは作品意図に沿わない余計な考え。

 国家に引き裂かれるロミオとジュリエット……なストーリーかな。
ダークすぎる展開にはせず、「好きな子が居るのに、親同士が勝手に決めた許嫁乱入」ぐらいのライトな描き方にする手も。
 初恋のドキドキや、急にキスを迫る若干エキセントリックな少女が上手く演出されており、整った作画もあって魅力的に見える。
 あんまりシンドイ話にならないと良いなあ。
主人公少年を特異点として、完璧だったはずのシステムにエラーが頻発し、複数美少女との結婚を強いられてしまうディストピア・ハーレム物になるとか。
ああ、「少年の遺伝子(少年自身ではなく彼が設ける子供たち)は国家再興のため必要不可欠」ということなら、「優位な複数相手と子供一杯作れー」っていう困った困った( ^_^ )状況にも出来るのか……そんなのはお前の漫画でやれって?
 どうなっていくのか、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『異世界食堂』01.「ビーフシチュー」「モーニング」 | HOME | 『妖怪アパートの幽雅な日常』01.「夕士と寿荘」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |