オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『時間の支配者』01.「存在と虚無」

 原作漫画未読。
作者は台湾の方なのね。
 「少年ジャンプ(実際の掲載は「少年ジャンプ+」)」らしく、第一話は、少女が超常の力を備えた少年と出会い、襲い来る怪異を彼が撃退して少女を救う、分かり易い形式。
 少年コンビの掛け合い、怪物の独特さ、それと戦う能力の設定など不足なく描き出されており、特に文句を言う所は無い。
 「時間」を自在に操ってのバトルらしいのに、せっかく降らせているCGの雪について、降下速度を特に変えてない所だけ、???
ここは当然、演出で活かすべきでは……意味が無いなら降雪自体をやめてしまった方が。

 人から残った寿命を吸い取って老化・死亡させる怪物はよく見るけど、生きてきた年月を吸収され若返る呪いは珍しい。
十年か二十年、持ってってくれないかなあ、「無」まで戻されるのは困るが。
 まだ「無難」という感想に留まりつつ、主人公達(登場するのだろう他戦士とも)の関係性、力を使うことで起きる障害、無くした記憶の真相など、ここから面白く展開できそうな要素は多く、もうちょっと見ての判断で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『RWBY』01. | HOME | 『18if』01.「電影の魔女」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |