オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『メイドインアビス』01.「大穴の街」

 原作漫画未読。
 今期は、作画的にちょっと低調なアニメが多く、伝えられるアニメ界の苦境ってもうホントに危ない所まで来ているのかも、と思い始めていたらこのアニメ。
 ふわふわ低年齢向け作品のようなキャラ絵なのに、手を抜かない世界観やアクションの見せ方に圧倒されてしまう。
キャラクターデザインと一話目の作画監督は黄瀬 和哉、そりゃあ上手い訳だ。
 冒頭からのイメージや怪物からの逃走アクションは、『ナウシカ』っぽい、というか『ナウシカ』並み。
そういえば炭鉱町(じゃないけど、っぽい)で、「地下から上がってきた少年」と少女が出会うのは、『ラピュタ』イメージかな。
重くて運ぶのが大変な少年は、飛行石でふわりと軽く受け止められるシーンの逆。
強力なビーム?描写はそのままロボット兵。
 いやパクリとか言うんじゃなく、オマージュ、リスペクトとして。

 謎の少年と共に、冒険が始まることを感じさせて、一話目はお終い。
 この、凄い作画クオリティーはどこまで維持できるんだろうか。
クセの強いキャラ絵だから、崩れたら大変そうだな……という不安と期待を持ちつつ、楽しみに見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『将国のアルタイル』01.「犬鷲の将軍」 | HOME | 『RWBY』01.>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |