オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『THE REFLECTION –ザ・リフレクション–』01.「セレモニー」

 アメコミ界の巨人(出たがりお爺ちゃん)で、『スパイダーマン』『X-メン』『アイアンマン』なんかを生み出し、日本のアニメ『HEROMAN』原作も手がけたスタン・リーが、またも日本しかもNHKと組んで放つ、お得意のヒーロー・ストーリー。
 既に『HEROMAN』の詳細を忘れかけている情けなさ。
恐ろしく適当な設定でHEROMANが誕生したこととか、無駄に可愛らしい主人公少年やアクションを毎回頑張った作画で描き出していたことは、よく覚えてるけど。

 このアニメ、本放送前に「アメコミヒーロー好き芸能人」を呼んだ特番を放送、そこで本編映像の一部を公開したのだが……画面的クオリティーの低さに絶句(芸能人達も反応に困っていたと思う)。
試験的にアメコミ風処理をしてみただけの動画か、本当の見せ場となるバトルなんかは見せてないんだろう、きっと、と僅かに期待を繋いだものだけど、その気持ちは打ち砕かれ。
 うう~ん、NHKはアニメにお金出さないって噂、聞くが、さすがにスタン・リー呼んどいて、恥ずかしいレベルには出来ないだろうと……
 街にヒーローが溢れる日本製作品として『TIGER & BUNNY』『僕のヒーローアカデミア』なんかがあり、内容・作画共に頑張っている、その後発としては不満すぎ。

 冒頭の灯籠流しとか、不安になるぐらい長い間とか、アメコミっぽいキャラ・背景とは裏腹に、日本風(日本アニメ風ではない)ワビサビを入れようとしたのかな。
『蟲師』はともかく『惡の華』でロトスコープを用いて独特すぎる映像作りを試みた、長濵 博史監督のアクの強さか。
 時々「アメコミ」というより「『秘密結社 鷹の爪』なんかのFlashアニメ」を見てる気分に。
いっそFROGMANに作らせれば良かったかも、ヒーローとデラックスファイターを共演させて。
 日本のアニメファンに受けるかは疑問だし、米でのアピールはもっと難しそうに思う。
誰に向けて、どこを面白いと思って欲しくて作ったアニメなんだろう?
スポンサーサイト

アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『ウルトラマンジード』03.「サラリーマンゼロ」 | HOME | 『バチカン奇跡調査官』02.「存在のかぎりなき不安」>>

この記事のコメント

「こんな出来ならHEROMANの2期かリメイクの方が良かったんじゃ?」と思った私が通ります(苦笑)
蟲師は大好きですけどこれは戴けません。2話以降で化ける様が想像もつかないというのは…。

因みにHEROMANについてはこんな噂を耳にしました。
なんでも、元々2期前提の企画だったのに続編無しに切り替わった為、1期のストーリーだけでオチがつく様に多少力技でまとめたんだとか。
2017-07-26 Wed 09:22 | URL | 鳳龍 #jYsgXq72[ 編集]
> 蟲師は大好きですけどこれは戴けません。2話以降で化ける様が想像もつかないというのは…。

 お話もですが、演出に馴染めなさを感じてしまいます。
 「何故こんなシーンを長々と見せているのか」「どうして必要と思われる部分を説明しないのか」「キャラの行動が『人間』として変じゃないか」
そういう疑問が次々湧いてきて、入り込めないんですよね……
2017-08-14 Mon 12:58 | URL | 飛龍 乱 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |