fc2ブログ

『プリンセス・プリンシパル』03.「case2 Vice Voice」

 作画的に、凄まじかった第一話からするとさすがに落ちたものの、十分なレベルを維持。
 ストーリー的にも、スパイ物としての面白味を感じさせる部分が毎回設けられていて、感心。
 前回、華やかなパーティー(ダンス?)会場で交わされる水面下バトルの緊張感。
損得を天秤に掛けて決断を強いる、姫様のしたたかな交渉術が素晴らしい。

 今回は、潜入工作を行うアンジェと、誤って彼女に同行する姫様の侍女・ベアトリスとのデコボコバディっぷりが描かれた。
 二人とも姫様に対し命懸けの好意を抱いているが、「姫様が大好き」「『姫様』なんて大嫌い」という相対する?感情表現になっており、上手い。
 ベアトリスの喉に秘められた悲劇、それを、まあ軽く言うと『名探偵コナン』蝶ネクタイ機構のように使う逆転アイディア。
 毎回新しい才能を発揮するアンジェは、「同時にいくつもの会話を聞き分ける」聖徳太子みたいな凄みを見せた後、更に「それら全てを個別に記憶できる」超頭脳まで披露。
視聴者に何気なく聞き流させる電話交換室での多重音声が、実は重要な伏線……なるほど!
 アクションにも見応えがあり、ハリウッドあたりから実写リメイク権を買い付けに来てもおかしくない内容。
 あとは失速しないことを祈りたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キャラデがちょっと苦手。

いや可愛いから好きなんだけど、キャラが可愛いのに物語の背景はハード。
まどか以前にもこの手のタイプのアニメは幾つかあったけど、
やはりまどかの影響はデカいのだろうか。
キャラの造形とストーリー展開でギャップを作らずに、正攻法で世界観に合わせたキャラだったらもっと話にのめり込めたかも・・・

Re: タイトルなし

> キャラデがちょっと苦手。

 女の子達が、みんな可愛いのはともかく、手足がポッキーのように細く、どう見ても荒事に向いてなさそうなのは違和感ありますね。
実在の格闘女子のようにドコかゴツい体つきに描いていたら嬉しいのかというと、そうでもないんですけど(^ ^)
 このまま『けいおん!』系ふわふわコメディーアニメに移行できそうなデザインですから。
殺し合いより、部活にかこつけてお茶会ばかりやってそう。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク