オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『のぞきめ』『劇場霊』

 衛星で鑑賞、両作とも元AKB女性が主演のホラー映画。
 元AKBのタレントはよくホラーに出てるなあ、前田敦子『クロユリ団地』とか大島優子『テケテケ』等々。
プロデューサーの秋元 康が『着信アリ』を原作しているし、AKBがずらっと出演した『伝染歌』も手がけている繋がりから?(『クロユリ団地』『劇場霊』の企画も秋元)
 ホラーは、割合低予算で撮れる上、役者にさして演技力を求めないので、アイドルが主演するに向いているジャンル。

『のぞきめ』
 顔立ちやら雰囲気が好きな、板野 友美主演。
演技はまあ、これぐらいで良いでしょうと思うんだけど、「うぉぉー」という変な叫び声と、下積みADでありながら重いモノ持てそうにないぐらい長い爪してるのは、少し気になった。
泥だらけになるシーンは驚いたなあ、意外な役者根性(これぐらいで褒めるのもどうか)。
 『呪怨』『回路』のように、隙間へとガムテープを貼りまくり埋め尽くす異常な行動など、もっと怖くなりそうなイメージがありながら、最後まで見てもサッパリ怖くならなかった。

『劇場霊』
 島崎 遥香主演。
 というより、『リング』『仄暗い水の底から』の中田 秀夫監督作品、ということで見た今作。
うう~~ん……『クロユリ団地』『MONSTERZ モンスターズ』など近作はダメダメなモノばかりだから今更驚かないけど、これはヒドイ。
 「恐怖から逃れられないヒロイン」がホラー設定の大前提だろうに、人形の怪異が襲う舞台演劇からは途中で降板させられており、その後は「元は友達だったけど酷いことを自分に言った女性、その彼女が危ないかも知れないので、真相を探ってみたり頼まれもしないのに舞台公演を妨害してみたり」といった、まるっきり他人事としての事件への関わり方。
 最重要キャラクターである人形が、「あれは幻だったのだろうか?」なんて疑問を差し挟む余地の無い殺人鬼キャラとしてドタドタ歩き回るのに、爆笑。
仮面ライダーの怪人か、いいとこ宇宙から来た怪生物扱い。
ライダーキックで倒せそう、実際、もっと芸の無いやっつけ方してしまうし。
 元になっている『女優霊』には、優れたイメージの恐怖シーンがいくつもあり、当時「日本で一番ホラーが分かっている監督だ」と思ったものなのに、今や「日本でも有数のホラーを撮らせちゃイケナイ監督」だと言わざるを得ず、残念。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ウルトラマンジード』06.「僕が僕であること」 | HOME | 『異世界食堂』05.「カツ丼」「プリンアラモード」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |