オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『デッドストック~未知への挑戦~』05.

 テレビ東京、深夜に放送している、ホラードラマ。
 劇中設定でも、架空局ではなく「テレビ東京の」ボツ?フィルム素材を確認する部署が舞台となっている。
 心霊的な内容が記録されているフィルムについて、出自を確かめたり、更に取材して番組に仕上げようとするのが基本。
まあ、テレビ局版「Xファイル」。

 今週の落ち武者呪い話なんかは、怖いイメージがありつつもイマイチだったけれど、全体的にきちんと出来たホラー。
驚かす演出に、照れや躊躇いがないのは嬉しい。
 『リング』『呪怨』なんかの監督達は、ホラーに関わりすぎたのか、「何度もやった恐怖描写をまた繰り返すのはイヤだ」「新しいホラーの在り方を追い求めたい」といった気持ちになってるんじゃないかなあ。
その多くは、「他の人がやってない」のではなく「検討したけれど効果がないと見越してやめた」作り方。
いや、清水 崇監督の『7500』なんか、ありふれたストーリーを気合いの抜けた演出で撮ってあり単に最悪の……まあいいや。

 2話、人形怨念の話が、なかなか。
哀しさから来る恐怖、日本的に湿った怪談の有り様で。
ヒロインに抱きつく瞬間、姿を変える人形と、ラストの可哀想で恐ろしい執念なんか、とても良い。
 4話コックリさんは、ちょっと泣かせ話方面に振りすぎかなあ……でも少女の「許し」でちょっと泣きそうに。
 監督・脚本とか、『クロユリ団地~序章~』『劇場霊からの招待状』など映画公開に合わせたテレビシリーズに関わってた人達。
本編映画より、これらテレビの方がずっと面白かった。
 低予算、凝った画面は作れない中、頑張っていて、毎週楽しみ。
スポンサーサイト

ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『徒然チルドレン』08.「傷だらけの天使 / もっと欲しくなる / シュート / おっぱい」 | HOME | 『NEW GAME!!』06.「あぁ……すごいなあ……」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |