オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アホガール』最終12話.「出会い…そして!アホガール」

 明とよしこの出会いと因縁のスタートを描く、最終話に相応しい内容。
 幼い頃のよしこは可愛らしく、多少の常識外れ行動ぐらいは年齢からも許せそうな雰囲気がありつつ、しかし下品さと迷惑っぷりで許容範囲を遙かに逸脱。
 明を寝ずに看病したり、逆襲を受けて涙を見せるなど、ちょっと意外な姿もあって、「実は心の奥底に、幼少期で培われた明からよしこへの好意がある?」という希望(?)を一瞬抱かせ、粉々に打ち砕くギャグへの落とし方が凄い。
ここまで良い所ナシの女の子を描けるとは……自分だったら絶対に迷いが生じてしまうだろう。
徹底ぶりに、ただ感心。

 好きだったのは、よしこ母・よしえ。
娘と同程度のアホではないかと思わせながら、計算高さ・娘の(自分の?)人生にとって障害となる相手を容赦なく排除しようとする邪悪さも感じさせ、面白い。
ダンナさんとの出会いから結婚までを描く、エピソード・ゼロが見てみたい。
 母親だって立派に?家庭生活を維持できているんだから、よしこも可能じゃないのかな。
よしこ父の影が非常に薄く、どういう人物か分からないけど、明が諦観して父親のようになりさえすれば。
デリケートすぎて心を病んでしまったり、恨みを溜めて熟年離婚に到る心配は、よしこにはないのだろうと思え、彼女を生涯のパートナーに選んだとしてそれが最悪の選択だとは限らない……かも、いや他人事だから言えること。
 ストレスなくヘラヘラと見ていられるアホアニメ(褒め言葉)だった。
すぐ第二期が始まりそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『6HP/シックスハートプリンセス』 | HOME | 『異世界食堂』最終12話.「とん汁/コロッケ」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |