オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『おそ松さん(第二期)』01.「ふっかつ!おそ松さん」

 第二期……だけど、タイトルはそのまま?
『2』『続』『!!』『Z』『ハートマーク』を付ける、『おそ松さーん』とか伸ばしてみる、ライトノベル風に『~ニートな俺たちがやる気を出してみたら世界がエライことになった件~』と長々させるような、一期との違いを表す部分は無し。
 ソフト化の際、分かり辛くならないかなあ。
ああ、一期の第一話は欠番となっているため、「このアニメで一話目が収録されているソフトといえば第二期」という識別法があるのか。
 もう前期で、やれることは暴走・シュール・いい話・問題作まで含めて全部やってしまったと思え、例えば再開第一話のストーリーを考えてくれと言われても自分なら泣いて逃げ出す難しさ。
 が、ああそうか、「想定の範囲を超えて凄い人気が出た」というのをネタにする手があったのね。
久々の登場で見せるのは、思い上がって心身ともに腐敗した恐ろしく醜悪な姿……このアニメらしい。

 「ちゃんとしてる」キーワードから、普通なら段階を追って脱線させそうなモノだけど、二人目でもう全身改造した戦闘用サイボーグになっている取り返しのつかなさが凄い。
 『君の名は。』風?男女入れ替わり、キャラ作画を結構昔のセンスに戻しているのは、『転校生』の方が元ネタだというのか、「こんなの古いよ」という嫌味か。
 CGはともかく、実写化映像はもっとクオリティー低くしてあると可笑しかったかな。
いや、無理なマスク付けてるだけの仮装って悲しむべき出来の悪さを表してる?
現実の実写化作品がギャグを越えるヒドイものだったりするため、これぐらいじゃ弱かったり。
 巨大ロボット戦闘に到る暴走は、割合アリガチ。
しかし……この作品で合体ロボが登場するの、意外と初めて?
作画やテーマソングの「ちゃんとしてる」具合は楽しい。

 前期の「好き勝手やれるアニメ」から、「好き勝手やらなければならない」苦難の道へ。
 スタッフは七転八倒だろうな。
その死闘っぷりも含め、楽しみに見続けたい。
 「上からのお達しにより監督が降板させられることになりました」で、交代により大混乱ネタとか、間に合えばやりそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~』01.「美女と少年」 | HOME | 『プリンセス・プリンシパル』最終12話.「case24 Fall of the Wall」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |