オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『Infini-T Force』01.「ISOLATED FLOWER」

 タツノコのヒーローキャラクター達が世界を越えて集結する、日本アニメ版『アベンジャーズ』『ジャスティス・リーグ』。
最近だと、元々の作品は存在していないけれど『Re:CREATORS』が、そういう体裁だった。
 3DCGによる制作、ゴテゴテしたリファイン・キャラデザイン、既存作品を混ぜる構成の難しさから、ちょっと不安視していた今作。
 ああ、意外と悪くない。

 CGに気合いが入っており、手描き作品でも見られなかったレベルのアクションが表現されていて、嬉しい。
 小型飛行機搭乗時より、ガッチャマンスーツのみで放り出された後の方が高機動性を発揮してしまう、ガッチャマン・健が可笑しい。
単身でスーパーパワーを持つテッカマン・キャシャーン・ポリマー(人間形態ではパワー増幅してない?)と比べ、常人を遙かに超える、とはいえ「鍛え抜いた肉体」に留まるのだろう健は、『ジャスティス・リーグ』でのバットマン的役割か。
外見的には、テッカマン・南 城二の方が賢そうだけども。
 自分の出身県・高知で、『ガッチャマン』『テッカマン』『ポリマー』が放送されておらず、かろうじて見られたのは『キャシャーン』のみ。
後に都心での再放送やレンタル、衛星放送などで知識的に補完はされたものの、子供心に擦り込まれていないので、思い入れが薄い。
だから「こんなもん○○じゃねえ!」という抵抗感がこの作品に無いのは、幸いか不幸か。
 死に近づくことを何とも思わない風なヒロインは、独特だけれど、まだ魅力的とは言えず。
 彼女がこうなってしまった経緯、デカい鉛筆、ヒーロー集結の理由、正体不明の敵……謎がバラバラとあって、タツノコっぽい。
 失速せず駆け抜けられるのかどうか、期待と不安で見続けたい。
 この企画が成功したら、『ゴーダム』『ゴーディアン』『ゴールドライタン』『モスピーダ』辺りを混ぜて、ロボットForceを結成する手も?
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『あめこん!!』01. | HOME | 『怪獣娘(かいじゅうがーるず) ~ウルトラ怪獣擬人化計画~』01.「私たち!怪獣娘!?」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |