オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『宝石の国』01.「フォスフォフィライト」

 原作漫画は、面白いという評判を聞きつつも未読。
 独特で、かなり分かり辛いと言っても良い世界観やキャラの設定を持つ作品。
それを「ワケわからん」だけの感想で済ませないのは、制作者側が原作を読み込み、確信と言っていいほど理解しているから、だと思う。
 宝石で出来ているキャラクターについて、戦い方や壊れ方、壊れた者を見る他者の態度など、まだ納得するまではいかないが、キャラ全員が共通する認識やルールに基づいて行動しているのだろうことは、伝わってくる。

 ほぼ女の子ばかりの世界……かと思えば、性別が存在しない種族?
ということはまあ、好きなように受け取ってれば良いのか。
 アニメ調処理した3DCGの画面は、なかなかにクオリティーが高く、抵抗無しに見られる。
侵攻してくる敵や、銀色の液で対抗する戦い方など、ガツンとインパクトのあるビジュアル。
 敵とのバトルが中心となる作品、なのかな。
戦いには不向きだと言われたヒロイン、第一話では戦闘才能を示すことなく終わってしまったが、いずれ能力が開花する?
 どうなるか気になり、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ラブライブ!サンシャイン!!(第二期)』01.「ネクストステップ」 | HOME | 『タイムボカン 逆襲の三悪人』01.「天才発明家エジソンと日本のビックリドッキリな関係とは!?」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |