オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『いぬやしき』01.「犬屋敷壱郎」

 原作漫画未読。
 タイトルと、爺ちゃんが表紙の単行本から、どんな内容なのかな?とは思っていた。
 不遇な人生を送る老人……といっても58歳、が、死の運命を前に、これまでを振り返り、夢をやり遂げるのに急ぎ、家族との絆を結び直す、重い大人向けドラマ(劇中で歌われたように『生きる』)、なんて内容を奥先生が素直に描くとは思えず見ていると、やっぱり宇宙人とか人体改造とかSF展開。
 体力もない老人が無敵の存在になる、という意味では、大友克洋『老人Z』を思い出す。

 ホームレス狩りをする少年の群れは、ちょっと古いイメージ?でもまあ、ヤンキーに襲われるよりリアルか。
 反撃手段、レーザーで殺害するモノとばかり。
割と回りくどい手……主人公にこういう知識があったかどうかは疑問なんだけど、宇宙人兵器にはこんな攻撃方法も入っていた?
 アニメとは関係なく、イジメられている生徒は、こうやれば戦える、というか相打ちぐらいには出来ると考えたこと、あるなあ。
イジメ現場を第三者に(あるいは設置しておいたスマホなどで)撮影してもらい、犯人の名前や住所、電話番号から親の勤め先まで添えてネットにアップロードする。
これで犯人はネット上から一生消せない、重い十字架を背負い、進学・就職・結婚などの際にも恐ろしく不利。
ネット上の「正義」には、公の少年法のような容赦など一切なく、「遊びでイジメてた」代償としては、とても割に合わないだろう。
 ここから逃げ出すには、名前を変え、遠くへ転校して過去を捨て、やり直すしかない。
しかし、慣れぬ転校先では自身がイジメのターゲットになる恐れもあり……まあとにかく、こんな目に遭わないようにするのが賢い(マトモな)人間の選択。

 話を戻して。
 主人公と一緒に居た若者も、同様に改造された?
何か事情を知ってるみたいだけど、狙いがあってあの場所に居合わせたのか。
普通なら、世界征服・人類抹消などの凶悪な目的を持っており、主人公は彼と敵対することになるのだろうが、奥先生の漫画だからなあ、そんな、自分でも考えられるような内容になるかどうか。
 3DCGを使用した画面はクオリティーが高く、違和感ない。
原作漫画もCGを多用しているため、親和性は高いのかな。
 期待して見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『少女終末旅行』03.「遭遇」「都市」「街灯」 | HOME | 『ROBOMASTERS THE ANIMATED SERIES』01.>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |