オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-』04.「たましい」

 先週は、のんびりした小ネタ集のような話だった。
 武士道に生きるとか古式ゆかしい生き方を貫くヒロインはさして珍しくないが、鷲尾 須美のように、軍国主義……護国思想?近代戦争時の価値観を持つ少女キャラって、希有なような。
そうなっておかしくない、そうあるべき?『艦これ』にさえ居ないタイプじゃなかろうか(艦娘達がこんなこと言い出しちゃキツいけども)。
 須美、その考え方を自他に四六時中強いる、というほど徹底している訳でなく、フツーの女子である面も多い中途半端さが、可笑しい。

 今週も冒頭の方は楽しい遠足の様子が描かれ、このアニメはどちらかと言うと日常の方に重きを置いて、ハードな展開などせず終わっていくのかな……と油断していたところに、突然の衝撃。
 こうくるとは!
苦戦しながらも3人で力を合わせてどうにか撃退に成功した、という風になると思っていたのに、突き放されたようなラスト。
 敵が噴き出す無数の針・槍のようなもので全身を切り裂かれ貫かれ、力を入れるたび傷跡から血が噴き出し、体中を真っ赤に染めながら戦い抜く、銀の壮絶なバトル。
 アドレナリン噴出中なのだろう、とはいえ、片腕を失いつつの戦いは想像を絶する痛みのはず。
それでも戦い抜き、勝利……相打ちか、を納めた銀は、凄い。
 自分だったら、倒れたままの二人に対し、四肢を失ったり出血多量で行動不能になるほどのダメージを受けたわけでもないくせに、休んでんじゃねーよコラ!と恨み言のひとつも言いたくなるところ。
恐らく銀はそんなことなどチラとも考えず、戦っていたのだろうが。
 見る側にまで痛みが伝わるような渾身の演出と作画で、圧倒された。

 まだ死亡には至っていなかった、という可能性はあるのかな?
仮に命は取り留めたとしても、全身へ残るダメージ、片腕を失ったことから、戦線への復帰は相当に難しくあろうが。
『どろろ』百鬼丸のように、片腕に刀を仕込めば……そこまで非道な風に大人が描かれる作品じゃないけど。
 幼い弟に愛情を注ぎ、お嫁さんになりたいという銀のあまりにも平凡すぎる夢が、こうなると切ない。
 残った須美・園子の二人だけで戦いを継続するのは厳しすぎると思え、また新たな選出者を参戦させるのか、それともやはり何らかの形で銀の復活があり得るのか。
 友人の命が失われたことを経て、心神の喪失を恐れない・構っていられない気持ちから、あの恐ろしい代償が伴うパワーアップ・フォームへ到る?
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『Infini-T Force』06.「INFINI-T FORCE」 | HOME | 『キノの旅 -the Beautiful World-the Animated Series』03.「迷惑な国」>>

この記事のコメント

>>それでも戦い抜き、勝利……相打ちか、を納めた銀は、凄い。

1期を思い出して貰えば解ると思いますが、園子が追い返すのがやっとだったと語ってます。

>>まだ死亡には至っていなかった、という可能性はあるのかな?

残念ながら完全死亡です。
この件を経て、大社は勇者システムに精霊と言うバージョンアップを施します。
このバージョンアップが死なない勇者(満開)へと変貌させます。
幾ら戦闘で傷ついても死ぬ事は無く、満開を繰り返す度に供物として体の機能を神樹様に差し出す究極のシステム。
ある意味、戦闘マシーンと化した勇者の誕生です。
2017-11-03 Fri 23:21 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |