fc2ブログ

『クジラの子らは砂上に歌う』06.「明日、人を殺してしまうかもしれない」

 帝国による、泥クジラ住民への無差別虐殺は、サミの余りに呆気ない最期を含み、なかなかトラウマ物の悲惨さ。
アニメでは『エヴァンゲリオン』劇場版での、戦略自衛隊によるネルフ突入・職員殺戮シーンを思い出す(関係ないけど、ネルフは一応公的組織なのだし、あれはゲンドウを解任するか遠距離出張を命じ、その間の代理司令をゼーレか国連が任命、ネルフ上層部メンバーも多少の時間を掛けて降格したり転勤させ、忠実な部下に乗っ取らせれば何も皆殺しにしなくて済んだような)。
 そこから、泥クジラ決死の逆襲、あるいは全力逃亡が始まるかと思えば、彼らの出自に絡む理由により首脳部老人達は集団自決を決定。
それに異を唱える者は、容赦なく排除。
 驚くダークな展開。
このまま希望無く進行するのか、と思えば……

 意外、首脳部は一枚岩でなく、スオウを中心とした新体制が発足、使い物になるかはともかく再侵攻に対する反撃訓練も始まる。
呑気な……と思えるお祭り騒ぎ?まで行われ、しかしそれは悲惨な死に方をした仲間達を送る儀式であり、皆の心に一区切りがつく。
 こう来るとは思わなかった。
「泥クジラ内部での殺し合い」「自決に賛成な者、あくまで戦い抜こう(逃げよう)とする者の二派に別れ、主人公らは、大勢の命と共に沈む泥クジラを後にする」といった暗い流れが続くものだとばかり。
 可愛らしいスオウの怒り、感情が表れ始めるリコス、頼れるオウニ、戦力としては確かだろうが人間的信用が不確定なシュアンと、キャラクターの個性が彫り込まれ、楽しい。
 戦闘訓練を受けているのだろう帝国兵に対し、おままごと程度に戦い方を覚えたばかりの主人公勢。
普通なら相手にもならないはずで、もう、敵船内突入組に賭けるしか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

9話視聴。
3話がピークだったかなぁ。
敵兵士に感情が無いのは別に気にならんのだけど、そんなのが戦闘に使えるのかと。
主人公が積極的に動かないせいで見ててストレスになる事も。
敵が銃を持ってる事に対しても不用心。
ファーストエンカウントの時は仕方無いが、その後も銃に対して気を付けないのはどうかと。
残り話数じゃ世界がどうこうとかそんな規模の話までは行きそうもなく、おれたたエンドなんだろうな。
素材は悪く無いのに。
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク