FC2ブログ

オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『いつだって僕らの恋は10センチだった。』01.「春、初恋、桜色。」

 この時期に放送開始って、かなり変則的な。
全6話みたいだから、他アニメが一クールの半ばを迎えている時点で始めれば、終わるタイミングは揃えられるのか。
 「HoneyWorksによる「告白予行練習」「初恋の絵本」「ヤキモチの答え」を中心とした楽曲シリーズ・プロジェクト」であり「HoneyWorksはニコニコ動画にてVOCALOIDを使ったオリジナル曲を発表しているユニット」らしい(Wikipedia)。
映画『ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜』『好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜』に続く映像化作品、両作未見。

 ごくスタンダードな青春物。
メインとなる男女に特異な設定を付けることなく、映研・美術部といったお馴染みの部活を中心にする物語は分かり易い。
友人関係にも問題などなく、ほとんどストレスを感じず見ていられる。
 作画は整っており、ヒロイン・その周りの少女達も可愛い。
 描かれるキャラ達と同じ高校生辺りを対象年齢としているのだろう、素直な作りは決して悪くないけれど、ヒネた視聴者にとって物足りないのも確か。
対象の絞り込みとしては、ジジイに喜んで見られるようじゃ失敗と言っても良いのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<あけましておめでとうございます | HOME | 『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』07.「歴史のある国」>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-12-27 Wed 08:44 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。