オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『キリングバイツ』02.「やっばい惚れちゃいそう」

 原作漫画未読。
 非道な男達によって少女が車で攫われ、暴行されようとしている所まで、どういう内容なのか全然分からなかったが……男達を皆殺しにし、闘技場?で異形の力を発揮してバトルを始めた辺りから、ようやく方向性が分かってくる。
 『刃牙』なのね、アニメで近くは『十二大戦』か『テラフォーマーズ』。
獣と化したキャラクターが大挙登場する、という意味では『けものフレンズ』か(違う)。

 画面作りやバトル描写は、まずまず。
かなり後発なので、獣化や超パワーの表現に一工夫欲しかったところだけど、じゃあどうすれば良いのかと言われると考えつかない。
 少女暴行犯らが使った車の運転手。
こんな計画だとは知らなかった……と、いくら言おうとも、警察沙汰になったら無罪では済まない男が、ヒロインの相棒というか「常識的人間代表」を務めるっぽいのは意外。
二話に出てきた彼の友だちが、ちょっと古いイメージのオタク喋りをするのが可笑しかったな。
 十分見られる内容、しかしグイグイ引き込まれるという程ではなく、もう一話見ての判断で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』03.「デスマーチからはじまる恋愛事情」 | HOME | 『BEATLESS』02.「Analog hack」>>

この記事のコメント

結構、自分は好きだった。

獣や昆虫の遺伝子で人が変身して戦う感じとかは、
火星に行かないテラフォーマーズか。
まぁ、あっちよりか随分と小規模な話ではあるがw
久々に地上波でパンツやらおっぱいやらが見えて驚いた。
昔はこれが当たり前だったのにと別の意味で感慨深い。
2018-01-27 Sat 22:04 | URL | u12 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |